2019-06-14 〜 2019-06-17

ウズベキスタンひとり旅【後編】 - 人々が出会う街 青の都サマルカンド -

ウズベキスタン周遊7泊9日間の【後編】です。

かつてシルクロードの要衝として栄えた、世界各地の文化が交錯するオアシス都市サマルカンド。

サマルカンド ... 'サマル'には人々が出会う、'カンド'には街と言う意味があります。

完全個人旅行で、航空券や都市間移動、ホテルは全て私自身が手配しました。

ウズベキスタンを旅するきっかけになった、「シャーヒ・ズィンダ廟群」をはじめとした青の世界を堪能する旅です。

🖊前編はこちら
ウズベキスタンひとり旅【前編】 - フォトジェニックな中央アジアのオアシス都市ヒヴァ & ブハラ -
https://tabi-muse.com/collections/view/1892/1

【ウズベキスタン共和国】
公用語はウズベク語。 ロシア語も広く使われています。
通貨はUZS(ウズベキスタンスム)で、日本では両替不可、USDの小額紙幣が便利です。

#アジアシティ
#ウズベキスタン
#女子旅
#ひとり旅
#世界遺産・遺跡

Mio S.

Consultant

外資系でお休みを取りやすい環境を活かして、毎月のように海外へ。今まで訪れた国は60ヶ国350都市以上。小さなころから影響を受け、滞在していた英国のロンドンやヨーロッパの街が好き。最近は知られざる国や秘境にも行くので、コレクションが誰かの旅のきっかけになれたら嬉しいです。

AM 10:00

Chorsu Market, Tafakkur ko'chasi, タシケント ウズベキスタン

高速列車に再び乗り、首都のタシュケントへ。

到着後、ホテルで荷物を置いて早めにお部屋に入れたらとお伺いしてみると、2時間早く入れることに。それでもまだ時間があったので、タクシーで「チョルスー・バザール」へ。運転手さんは英語がわからなかったので、ロシア語で。目的地が伝わり、ほっとしました。

ウズベキスタンで1番大きなバザールなので、目的のものを決めてから目指さないと大変なことになります。特に、ナッツやフルーツ類の種類や量は目を見張るものがありました。ドライフルーツなども少量から量り売りしてもらえるので、お気に入りを見つけてみてください。

ウズベキスタンは香辛料が有名なので、サマルカンド産のサフランを自分のお土産に。帰国してからも、お料理を作りながら旅のことを振り返れるので、おすすめです♡

職場用の個包装のお菓子なども併設しているちいさなマーケットで購入して、次の目的地へ向かいました。

Chorsu Market, Tafakkur ko'chasi, タシケント ウズベキスタン

AM 11:00

Ko'kaldosh Madrasasi, Beruni Avenue Relief Road, タシケント ウズベキスタン

トルコで美しいカリグラフィを見てから、習ってみたいと思っていたので、現役のマドラサ(神学校)へ。

1階のNo.8のお部屋では、カリグラフィを教えてもらえます。(※2階は学生寮になっています。)あいにく、日曜日でお休みだったので、少し時間が早いのは分かっていましたが諦めてホテルへ。

【Kukeldash Madrasa】
Address : Beruni Avenue Relief Road, Tashkent, Uzbekistan
Open : 8:00 a.m. - 17:00 p.m.

Ko'kaldosh Madrasasi, Beruni Avenue Relief Road, タシケント ウズベキスタン

PM 01:00

Ichan Qala Hotel, Tafakkur Street, タシケント ウズベキスタン

ウズベキスタンで最後の夜に選んだのは、ヒヴァをモチーフにした5つ星ホテル。

「Ichan Qal'a Premium Class Hotel」は、なかなか予約が取れない人気ホテルのひとつです。インテリア、エクステリアも共に素敵で、お部屋では久しぶりにゆっくりくつろげました。

【Ichan Qal'a Premium Class Hotel】
Address : Tafakkur 68, 100070 Tashkent, Uzbekistan
💳 : VISA, Mastercard or UZS

Ichan Qala Hotel, Tafakkur Street, タシケント ウズベキスタン

前の日

次の日

Mio S.

Consultant

外資系でお休みを取りやすい環境を活かして、毎月のように海外へ。今まで訪れた国は60ヶ国350都市以上。小さなころから影響を受け、滞在していた英国のロンドンやヨーロッパの街が好き。最近は知られざる国や秘境にも行くので、コレクションが誰かの旅のきっかけになれたら嬉しいです。