2019-06-14 〜 2019-06-17

ウズベキスタンひとり旅【後編】 - 人々が出会う街 青の都サマルカンド -

ウズベキスタン周遊7泊9日間の【後編】です。

かつてシルクロードの要衝として栄えた、世界各地の文化が交錯するオアシス都市サマルカンド。

サマルカンド ... 'サマル'には人々が出会う、'カンド'には街と言う意味があります。

完全個人旅行で、航空券や都市間移動、ホテルは全て私自身が手配しました。

ウズベキスタンを旅するきっかけになった、「シャーヒ・ズィンダ廟群」をはじめとした青の世界を堪能する旅です。

🖊前編はこちら
ウズベキスタンひとり旅【前編】 - フォトジェニックな中央アジアのオアシス都市ヒヴァ & ブハラ -
https://tabi-muse.com/collections/view/1892/1

【ウズベキスタン共和国】
公用語はウズベク語。 ロシア語も広く使われています。
通貨はUZS(ウズベキスタンスム)で、日本では両替不可、USDの小額紙幣が便利です。

#アジアシティ
#ウズベキスタン
#女子旅
#ひとり旅
#世界遺産・遺跡

Mio S.

Consultant

外資系でお休みを取りやすい環境を活かして、毎月のように海外へ。今まで訪れた国は60ヶ国350都市以上。小さなころから影響を受け、滞在していた英国のロンドンやヨーロッパの街が好き。最近は知られざる国や秘境にも行くので、コレクションが誰かの旅のきっかけになれたら嬉しいです。

PM 05:40

Samarkand, ウズベキスタン

ブハラから15:50発の高速列車に乗って1時間半、17:20にサマルカンドに到着です。

ウズベキスタンの鉄道はお手頃価格で人気があるので、チケットは早目に取ることをお勧めします。発売日45日前からチケットの購入が可能です。(2020年2月からは60日前に変更になりました。)

ウズベク語で地名を入力する必要がありますが1文字目を入れると候補が出てくるため、難しくありません。

また、運行時間も特に遅れることなく、定刻で発車、到着しました。

【ウズベキスタン鉄道】
ウズベク語、ロシア語、英語の3つの言語に対応しています。
https://railway.uz/en/

駅からはタクシーで。交渉次第ですが頑張ればUSD2~3(約2~300円)です。私はできるだけ早くお部屋で休みたかったので、USD5(約500円)でお願いしました。

B&Bに着いて、暗くなる前に徒歩10分ほどの世界遺産に登録されている「レギスタン広場」へ。あいにくのくもり空に加え、修復作業や夏の音楽フェスティバルの準備で、想像していたような姿ではありませんでしたが明日の朝に備え、早めに眠りにつきました。

【Trip.LE Guest house】
Raxmatullayev 48, Samarkand, Uzbekistan
こちらのB&Bは、お値段がお手頃ですが旅慣れた方や長期滞在者向けになります。

Samarkand, ウズベキスタン

前の日

次の日

Mio S.

Consultant

外資系でお休みを取りやすい環境を活かして、毎月のように海外へ。今まで訪れた国は60ヶ国350都市以上。小さなころから影響を受け、滞在していた英国のロンドンやヨーロッパの街が好き。最近は知られざる国や秘境にも行くので、コレクションが誰かの旅のきっかけになれたら嬉しいです。