2019-11-01 〜 2019-11-03

【マカオ女子旅】ラグジュアリーホテルホッピングを満喫♡新しい「マカオの楽しみ方」

意外と知られていませんが、マカオは週末旅にぴったりのデスティネーション。憧れのラグジュアリーホテルやミシュランレストランをリーズナブルに楽しむことができたり、ポルトガル文化を感じられる可愛いカフェや街並みにときめいたり♡

今回の旅のテーマは「ホテルホッピング」。モノクロみゅーず(@tarachanstagram & @sofie_neu)が旅を素敵にさせるポイントと共に、オトナ女子のための新しい「マカオの楽しみ方」をご紹介します。

<Hotel>
Day 1:St. Regis Macao, Cotai Central
Day 2:Grand Hyatt Macau
Day 3:The Ritz-Carlton, Macau

<マカオへの行き方>
東京からは、マカオ航空の直行便(4~5時間半程度)の他、香港乗継便や香港市内からのバス・フェリーでも行くことできます。

#アジアシティ
#マカオ
#マカオ
#女子旅
#グルメ
#ホテル

TARA

Tokyo OL

海外ファッション雑誌の世界観をテーマに、旅写真を撮っています。素敵なカフェ・レストランを巡っている時、のんびりホテルステイを満喫している時が至福の時間。 #TaraTravelCollection #モノクロみゅーず

AM 12:00

Narita International Airport (NRT), 1−1 古込 成田市 千葉県 日本

仕事を早めに終わらせて成田空港へ。時間を有効活用すべく、私たちはマカオ航空の直行便を利用しました。

<フライトスケジュール>
【NX867】NRT 19:20 – MCU 00:10

✍︎ マカオ航空は、出発前日14時からオンラインチェックインが可能。フライトを快適にするために併せて座席指定もしておきましょう。また、マカオ通貨のパタカor香港ドルへの両替も忘れずに。(現在、成田空港ではパタカへの両替できないようです。)

Narita International Airport (NRT), 1−1 古込 成田市 千葉県 日本

AM 01:00

The St. Regis Macao, Cotai Strip, S/N, Estrada do Istmo, マカオ

マカオ国際空港へ到着後、1日目の宿泊先「St. Regis Macao, Cotai Central(セントレジス マカオ コタイセントラル)」へタクシーで移動。空港から市内まで車で10~15分程度なので移動も楽々。

St. Regis Macaoは、部屋ごとに専属のバトラーさんが付いてくださり、様々なオーダーに丁寧に応えてくれます。お部屋に案内してもらった後、早速、温かいカフェラテを持ってきてくれました。

大好きな大理石のバスルームで疲れを取った後、明日に備え就寝です。

The St. Regis Macao, Cotai Strip, S/N, Estrada do Istmo, マカオ

AM 06:00

The St. Regis Macao, Cotai Strip, S/N, Estrada do Istmo, マカオ

目を覚ますと、窓の外にはミニチュアサイズの可愛いエッフェル塔の姿が…♡エッフェル塔を上から眺めることができるのはSt. Regis Macaoならでは。

✍︎ 私たちはより素敵なお部屋に泊まるために、ホテルの予約時に希望の部屋についてリクエストメールを送ることも。必ず希望が通るわけではないけれど、素敵なお部屋を用意してもらえる可能性がぐっと上がります。St. Regis Macaoでは「可能であれば、エッフェル塔が見える眺めの良いお部屋を希望します」と事前にリクエストを出していました。

The St. Regis Macao, Cotai Strip, S/N, Estrada do Istmo, マカオ

AM 11:00

マカオ Estrada do Istmo, City of DreamsPierre Herme Lounge

マカオのフォトジェニックカフェと言えば、Morpheusの1階ロビーにある「Pierre Herme Lounge(ピエールエルメ ラウンジ)」。この日は地元のオシャレな女の子でいっぱいでした。

オーダーしたのは「Morpheus “Gold” – Plaisir Sucre」と「Gold Cappuccino」。「Morpheus “Gold”」は、小さな小槌で表面のチョコレートを割ると中からアイスクリームが出てくる、エンターテイメント満載のスイーツ。キラキラの金箔をのせた「Gold Cappuccino」とも相性抜群。

✍︎ お店は朝8時からオープンしていますが、「Morpheus “Gold”」をオーダーできるのは、ランチタイムの11時以降です。

マカオ Estrada do Istmo, City of DreamsPierre Herme Lounge

PM 12:00

Voyages by Alain Ducasse, City of Dreams Estrada do Istmo, マカオ

初日から食べてばかりの私たち。お昼は、ミシュランガイド2020掲載の「Voyages by Alain Ducasse(ボヤージュ バイ アランデュカス)」でちょっぴり贅沢ランチ。

“世界で最もリーズナブルなアランデュカスのレストラン”とも言われており、気軽にアランデュカスの料理を楽しむことができます。

「豪華客船の中の一室」をテーマとした店内は、オープンな空間ながらも、モダンで大人の雰囲気。
ランチタイムはコースメニュー2種とアフタヌーンティーもあったのですが、今回はアラカルトメニューからセレクト。チーズスフレは見ても美味しい、食べても美味しい、おすすめの逸品です。

Voyages by Alain Ducasse, City of Dreams Estrada do Istmo, マカオ

PM 03:00

Grand Hyatt Macau, マカオ

2日目の宿泊先である「Grand Hyatt Macau(グランドハイアット マカオ)」にチェックイン。

バスアメニティーはBALMAIN。センスの良さを感じます♡

✍︎ 時期にもよりますが、マカオのGrand HyattやRitz Carltonなどのラグジュアリーホテルは、東京や欧米に比べ、1/2~1/3のお値段で宿泊することができました。

Grand Hyatt Macau, マカオ

PM 08:00

City of Dreams, Estrada do Istmo, マカオ

夜は「City of Dreams」へお出かけ。

マカオはショッピングモールも充実していて、ハイブランドからファストファッション、高級レストランやフードコート、大型カジノなどがひしめき合っています。多くのホテルはモールに隣接しているので、夜でもショッピングなどを楽しむことができます。

1枚目:「Louvre Café(ルーブル カフェ)」
2枚目:人気のフォトスポット
3~4枚目:「City of Dreams Morpheus(シティー オブ ドリームズ モーフィアス)」

City of Dreams Morpheusはかの有名な建築家ザハ・ハディド氏がデザインを手がけた大注目のホテル。鉄骨を網のように組まれた空間が美しく、ホテル全体が美術館のよう。次回訪れた時は、ぜひ泊まってみたい♡

City of Dreams, Estrada do Istmo, マカオ

前の日

次の日

TARA

Tokyo OL

海外ファッション雑誌の世界観をテーマに、旅写真を撮っています。素敵なカフェ・レストランを巡っている時、のんびりホテルステイを満喫している時が至福の時間。 #TaraTravelCollection #モノクロみゅーず