MaRi

2018.12.01 〜 2018.12.04

有給2日で行く!働くオトナ女子のための3泊4日"週末ドバイ旅"

[PR] エス・ティー・ワールド /ドバイ政府観光・商務局

週末と有給休暇2日を利用して訪れた今回の週末ドバイ旅。
今回はSTWさんのドバイアンバサダーに選んでいただき、ツアーを体験させていただきました。

なんとなく、ドバイに行くには長期休暇が必要だと思っていましたが、
今回の旅を通して、週末旅にとても適しているデスティネーションであることに気付きました。

今回利用したエミレーツ航空は羽田からドバイへの直行便が就航しているので、
これはOLにとって嬉しいポイントのひとつ。
金曜日の夜中発の便なので、仕事後に羽田に向かえば有給を最小限に抑えることができます。

さらに、ホテルステイはもちろん、老若男女誰もが楽しめるビーチやフォトジェニックで可愛いカフェ、
壮大な砂漠や世界一高いブルジュ・ハリファから眺める絶景などなんでも揃っているドバイ。
短いお休みで盛り沢山の観光プランを満喫できるのも、週末旅におすすめしたい理由のひとつです。

働くOLさんにおすすめしたいオトナ女子のための週末ドバイ旅。
ぜひ、参考にしてください*

今回のコレクションの内容が、こちらのツアーになりました!
▷「エミレーツ航空で直行便で行く、2つのホテルにステイする
女子の夢がつまったアラビアンドバイ5日間の旅」
http://stworld.jp/tour_detail/AE-T230-V2/

LINEで送る
AM 00:30
 Haneda Airport (HND)

今回のドバイ旅はエミレーツ航空を利用しました。
羽田空港0:30発の直行便で約11時間のフライトです。
金曜日の仕事後に羽田空港に向かい、空港のシャワーを浴びて準備万端の状態で飛行機へ。

エミレーツ航空は、機内食、アメニティ、エンターテイメントどれをとってもパーフェクトでした。

【機内食】
エミレーツ航空の機内食は、2016年の「ワールドエアラインアワード」で1位になるくらい美味しいことで有名です。往路は「和風ハンバーグ(ディナー)」と「焼うどん(朝食)」をオーダーしましたが、日本人好みの味でとても満足度の高い美味しさでした。

【アメニティ】
歯ブラシやアイマスク、靴下、耳栓が入ったポーチが配られ、アメニティ類もとても充実していました。

【エンターテイメント】
「ice」という機内エンターテイメントシステムがとても充実していて、映画の種類はもちろん、ゲームや音楽も充実していて11時間のフライトもあっという間に感じました。

その他、充電には欠かせないUSBのプラグも備え付けてあり、
とても快適なフライトタイムを過ごすことができました。

ドバイ空港には同日の7:20に到着。

 Haneda Airport (HND)
CLIP
AM 09:00
 Rove Dubai Marina

空港から車で約20分ほどで、宿泊するホテル「Rove Dubai Marina(ローブ ドバイ マリーナ)」に到着。
2018年4月にOPENしたばかりの最新デザイナーズホテルです。

チェックインは16:00からなので、ひとまず荷物を預けて観光へ。
荷物を預けるロッカーもとても可愛いかったです*

ホテルからは「JBRビーチ」、「Dubai Marina Mall」、「DMCC Metro Station」まで
無料のシャトルバスが1時間に約1回ペースで出ています。
※時刻表はフロントでもらうことができます。

【Information】
Address:Marina, 119444 - Al Seba Street - Dubai
Access:ドバイメトロ「DMCC Metro Station」から徒歩15分
Check In:16:00~
Check Out:〜14:00

 Rove Dubai Marina
CLIP
PM 12:00
 Arabian Tea House Restaurant and Café

電車に乗って約1時間でドバイの歴史地区「バスタキア地区」に到着。
まず向かったのは、このバスタキヤ地区の入り口付近に位置するレストラン「Arabian Tea House Restaurant and Café(アラビアンティーハウスレストラン&カフェ)」。

ドバイの伝統的な建物と涼しげなインテリアが可愛らしい、アラビアンな雰囲気あふれるカフェ&レストランです。
メニューはアラビア料理や種類豊富なお茶が提供されています。

私は「アラビアンティーハウスオリジナルティ(25AED:約740円)」をオーダーして、
ドバイならではのティータイムを楽しみました。

※メトロは電車料金をチャージして何度も使用できる「ノルカード(NOL Card)」のシルバーを購入。
駅に置いてある機械で購入可能です。

【Information】
Address:Marina, 119444 - Al Seba Street - Dubai
Access:ドバイメトロ「Al Fahidi Station」から徒歩10分
Open:7:00~22:00

 Arabian Tea House Restaurant and Café
CLIP
PM 13:00
 Al Fahidi Historical District (Bastakiya)

ティータイムの後は、歴史的建造物を保護している地区「バスタキヤ地区」を散策。
土色の伝統的な建築や装飾の建物が立ち並んでいて、とてもフォトジェニックな街並みでした。
こじんまりとしているので、散策だけであれば1時間あれば十分だと思います。
日本ではみられない異国の景色にシャッターが止まりませんでした*

【Information】
Address:Al Fahidi District
Access:ドバイメトロ「Al Fahidi Station」から徒歩10分

 Al Fahidi Historical District (Bastakiya)
CLIP
PM 16:00
 Rove Dubai Marina

16:00になったので、一度ホテルに戻ってチェックイン。
部屋の中もシンプルながらとても可愛いデザインで、ミネラルウォーターやコーヒー・紅茶も置いてあります。
シャンプー・コンディショナーなどのアメニティ類はあまり充実していないので、持参することをオススメします。

 Rove Dubai Marina
CLIP
PM 16:45
 Burj Khalifa

次に向かったのは、世界一の高さを誇るビル「Burj Khalifa(ブルジュ・ハリファ)」。
最頂部の高さはなんと828.9m!
展望台の高さは「125階」と「148階」の2種類あり、値段も異なります。
今回、私たちは125階(456m)に登りました。

夕日と夜景を見たかったので、チケットは16:30〜で事前に予約しておきました。
ネットの方が現地で購入するより安いので、事前予約がおすすめ。

最寄り駅からは徒歩で20分ほどかかり、チケットの引き換えでも並ぶので、
時間に余裕を持って行った方が良いかと思います。
私たちも、時間ギリギリになってしまい、とにかく走ってなんとか間に合いました。

世界一の高さからの景色は、今まで見たことないほどの圧巻の絶景でした。

【Information】
Address :1 Sheikh Mohammed bin Rashid Blvd
Access:ドバイメトロ「Burj Khalifa /Dubai Mall Station」から徒歩20分
Price:AED 125〜(約3,700円〜)

 Burj Khalifa
CLIP
PM 18:30
 Baker&Spice

展望台の後は、ドバイモール付近を散策して見つけたレストラン「Baker&Spice(ベイカー&スパイス)」でディナー。

ドバイモールの目の前で開催される噴水ショーが見えるレストランを探して入りました。

なんと、この噴水ショーも世界最大級で、噴水の全体の横幅は275m、
吹き上げる噴水の水の高さは最大で150mで、迫力満点!

毎日30分おきに5分間の噴水ショーが開催されているので、
ディナーを食べながら4回も見てしまいました。
無料でこんなに豪華なショーを目の前で何度も見ることができて、
贅沢すぎるディナータイムでした*

帰りは可愛いバッグなどの雑貨を売っている「スーク・アル・バハール」でウィンドウショッピングをしてから帰宅。

【Information】
Address:Fashion Parking - Dubai Mall - Sheikh Mohammed bin Rashid Blvd - Dubai
Show Time:18:30〜23:00(水曜〜土曜は23:30まで)
※お昼も13:00と13:30に2回開催しています。(金曜のみ13:30と14:00)

▷「エミレーツ航空で直行便で行く、2つのホテルにステイする
女子の夢がつまったアラビアンドバイ5日間の旅」

 Baker&Spice
CLIP
LINEで送る

MaRi

- ゆる旅traveler - 旅先で見つけた素敵な景色や空間の中でまったりゆるく過ごす時間がすき。特に大自然やラグジュアリーホテル、シンプルで落ち着くカフェでぼーっと過ごすなにもしない贅沢時間が旅の醍醐味。 19歳の時に沖縄の八重山諸島を一人旅して以来旅好きに拍車がかかり、ヨーロッパのバッグパッカーや海外留学などで25カ国以上を訪れる。そのうちの3分の1はひとり旅。 旅先で見つけた癒しスポット情報をご紹介している "ゆる旅ブログ" も気まぐれに更新中です*

>他のCOLLECTIONを見る