2019-09-29 〜 2019-09-30

- ローマ&ミラノ - イタリア2大都市のアートとグルメを巡る旅

イタリアはアートと食を通してヒストリーやカルチャーを知れる私の大好きな国。

特に「美食の国」と称されるイタリアでは、グルメとカフェを多めにプランを立てるのが私流♡

今はまたいつ海外へ渡航できるか分からず、イタリアグルメが恋しくなる日々ですが...

なんと今回、ロイヤルデリさんからローマ料理とミラノ料理を含めた5種類の新商品が発売されるとのことで、私の思い出のイタリア旅を振り返ってみました♪

私のようにイタリアへ行ける日が待ち遠しい方、現地で食べたあの味をお家でも食べたいという方に、このコレクションとロイヤルデリさんのお料理で、少しでもイタリア気分を味わっていただけたら嬉しいです♡

____________

世界中のおいしい料理を取りそろえたフローズンミールを販売しているロイヤルデリから、フローズンミール『ミラノ、ローマの旅先のトラットリアで出会った食卓』の新商品5種類が4月23日(金)より発売!

▼ 『ミラノ、ローマの旅先のトラットリアで出会った食卓』の詳細は以下よりご確認下さい。
https://www.shoproyal.jp/shop/pages/italian-fair.aspx

※この記事はロイヤルデリのPRを目的として、過去のイタリア旅を振り返り制作された記事です。

[PR] ロイヤルデリ
#ヨーロッパ
#イタリア
#ローマ
#ミラノ
#女子旅
#グルメ
#定番観光スポット

erico

ファッションデザイナー

"旅"をコンセプトにファッションブランドをプロデューサー・デザイナーをしています。 海外の魅力に恋した私は年に2〜3回は海外に行き、イタリアにはファッションデザイン留学もしていました。絶景ロケーションや海外文化などに触れ、毎回素敵な女子旅にする為に楽しんでます♡もっとこれから世界の魅力に触れたいです✈︎

AM 10:30

Musei Vaticani, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

ローマ・ミラノ旅の初日はローマからスタートです。ここでは観光名所を巡りたいと思います。

ローマに訪れたら必ず行きたいスポットのひとつ、世界遺産バチカン市国にある『ヴァチカン美術館』です。私は今回で3度目ですが、訪れるたびに新たな発見と感動を覚えます。

美術館へ行く前には必ず日本で入館チケットを取っておくことをオススメします。チケットなしに行くと、最低でも2時間は並ぶ事に!多少の手数料がかかっても事前に日本でチケット手配をするとスムーズです。そして、館内はとても広いのでゆっくり見学する為にも朝早めに向かいましょう◎

▼ ヴァチカン美術館
営業時間 : 9:00〜19:00
※ 時期によって異なりますので公式HPをご確認下さい。
入場料 : €55.00

Musei Vaticani, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

AM 10:50

Musei Vaticani, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

まずは入り口でチケットの発行へ。チケットを受け取るこの瞬間はいつもワクワクして胸が高鳴ります。そしてチケットの絵柄は何が出てくるのかも楽しみです♪

初めはチケット売り場から入ってすぐ横にある「螺旋階段」を見学。この階段が面白いのは、一本の階段に見えますが、それぞれが上りと下りの専用になっているので行き交う人がぶつかり合うことがないのです!

上から階段を見下ろすと、曲線が美しく幻想的。まるで魔法学校に紛れ込んだかのような気分に。オススメのフォトジェニックな場所なので、早い時間に行くと人混みを避けて撮影ができますよ◎

Musei Vaticani, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

AM 11:45

Musei Vaticani, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

螺旋階段の後は、メインの「システィーナ礼拝堂」まで順番に有名箇所を見学していきます。所有時間によって順路は異なってきますが、今回は私のオススメ順路をご紹介します!

外の広い中庭「ピーニャの中庭」を歩きながらヴァチカン美術館を代表とする彫刻、ラオコーン像のあるベルヴェデーレの中庭へ。溢れる躍動感に魅了されます♪

次に、「ミューズの間」「円形の間」のあるピオ・クレメンティーノ美術館へ移動します。美しい女性が描かれている天井画と赤い大理石が特徴的な壁や床は、ギリシア時代のモザイク模様が描かれていて、とても美しい空間でした。

Musei Vaticani, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

PM 02:30

Musei Vaticani, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

1階を周った後は2階へ向かい、長い廊下の天井画と左右の壁に描かれた「地図のギャラリー」を眺めつつ、イタリア各地の歴史を学びながら歩いていきます。

天井を見上げると、照明によって金色に輝くフレスコ画がとても美しく迫力がありました。

長い廊下を抜けると、誰もが歴史の教科書で一度は見たことのある「ラファエロの間」に到着しました。ここは4部屋に分かれていて、ラファエロ本人が手掛けた作品を見学できます♪

そしてこの後は、ヴァチカン美術館の最大の見どころである「システィーナ礼拝堂」へ。ここでは残念ながら撮影は禁止になっていますのでご注意を!中に入ると壁から天井まで美しく迫力のある絵画が描かれていて、ミケランジェロの「最後の審判」の大きさに圧倒されます。

この部屋の天井画の中で最も有名な部分が「アダムの創造」です。映画「E.T」の指と指を合わせる有名なシーンは、この絵がモデルと言われています。何度見ても感動で自然と涙が溢れます。

ローマに訪れた際には、時間に余裕を持ってゆっくり美術館鑑賞されてみて下さいね♡

Musei Vaticani, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

PM 04:00

St Peter's Square, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

ヴァチカン美術館を鑑賞したあとは、『サン・ピエトロ広場』に向かいました。

今回、サン・ピエトロ大聖堂には入らず広場で写真を撮っていましたが、大聖堂へ入る際は神聖な場所なので露出の多い服装では入場できませんのでご注意ください。帽子着用も禁止です!

St Peter's Square, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

PM 05:00

St Peter's Square, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

サン・ピエトロ広場からサンタンジェロ城に向かう途中、夕日とヴァチカン美術館のコラボレーションが息をのむほど美しい光景でした。

St Peter's Square, バチカン ローマ教皇庁 (バチカン)

PM 05:40

Castel Sant'Angelo, Lungotevere Castello, ローマ ローマ県 イタリア

ローマの街並みを観光しながら歩いていると、夕日に当たって黄金に輝く『サンタンジェロ城』がとても綺麗でした。

サンタンジェロ城はイタリア語で“聖なる天使の城”という意味で、お城へと向かう橋には天使たちが立ち並び、まさに名前の通り天使に守られた姿が印象的でした♪

▼ サンタンジェロ城
営業時間 : 9:00〜19:30
入場料 : €14

Castel Sant'Angelo, Lungotevere Castello, ローマ ローマ県 イタリア

PM 08:30

Pizzeria Da Baffetto, Via del Governo Vecchio, ローマ ローマ県 イタリア

サンタンジェロ城から移動し、ヨーロッパらしい裏路地を歩いて、一際賑わっているピッツァ専門店の『PIZZERIA da BAFFETTO』へ。

世界中からこぞってファンが訪れる地元で人気のピザ屋さんです♪ 日本からもスポーツの代表選手や、総理も訪れている有名店。人気店の為、並ぶ覚悟で行かないと入れません!

ここはローマピザ発祥の店と言われていて、本場の味を楽しめます。ローマピザの特徴は薄い生地で、とても大きなサイズですがペロリと食べられます♪♪

食事を楽しんでいると、店員さんの楽器演奏が始まりより一層お食事を楽しめました。ローマに訪れたら是非行ってみて欲しいです♡

▼ PIZZERIA da BAFFETTO
営業時間 : 月,水,木,金,土,日 12:00〜15:30、18:00〜21:30
※ 土日は時期によって変更があります。
定休日 : 火曜

Pizzeria Da Baffetto, Via del Governo Vecchio, ローマ ローマ県 イタリア

PM 10:00

Frigidarium, Via del Governo Vecchio, ローマ ローマ県 イタリア

ピッツァを食べた後は、お隣にある有名なジェラート屋さん『FRIGIDARIUM』へ。こちらも地元の方に大人気で行列が絶えません。

サイズはS/M/Lの3種類から選べ、それぞれのサイズで選べるフレーバーが変わります。素材の旨味が効いた濃厚な味のジェラートに感動しました!食後でしたが、2つは食べられるくらい美味しかったです♡

帰り道は夜のライトで照らされたサンタンジェロ城を横目に帰路につきます。

▼ FRIGIDARIUM
営業時間 : 10:30〜25:00
サイズと選べるフレーバー : Small (2 flavors) €2 / Medium (3 flavors) €3 / Large (4 flavors) €4

Day2 》次の日は列車で移動しミラノへ向かいます。
https://tabi-muse.com/collections/view/2431/2

Frigidarium, Via del Governo Vecchio, ローマ ローマ県 イタリア

前の日

次の日

erico

ファッションデザイナー

"旅"をコンセプトにファッションブランドをプロデューサー・デザイナーをしています。 海外の魅力に恋した私は年に2〜3回は海外に行き、イタリアにはファッションデザイン留学もしていました。絶景ロケーションや海外文化などに触れ、毎回素敵な女子旅にする為に楽しんでます♡もっとこれから世界の魅力に触れたいです✈︎