2019-10-26 〜 2019-10-29

”NEW"ドバイをたっぷり堪能♡有休2日で行ける3泊5日大人のご褒美旅ドバイ

ドバイ観光局とSTW(エス・ティー・ワールド)との企画で、ドバイを取材させていただきました。
2年前にプライベートでドバイを訪れたことがありますが、この2年間でさらに発展したドバイ。50年ほど前は一面砂漠だったことを忘れてしまうくらいの壮大さ、少し街を離れるとまだ健在の砂漠と、新旧が共存しているドバイは知れば知るほど奥が深いと感じる場所です。

今回は「ニュードバイ」と「オールドドバイ」の2チームに分かれ、奥深いドバイの魅力をたっぷり取材してきました!私は「ニュードバイ」チームとして、「ここがドバイ!?」というような新しいドバイのスポットをご紹介します♡

そしてこのコレクション内容はTabiMUSEプロデュースツアーとしてSTWさんから販売されます。日本から直行便が出ているので【週末+有休2日】で存分に満喫できるドバイ。長期休暇は取れないけれどご褒美旅がしたい...なんていう時にぜひこのコレクションを読んでドバイ旅を検討していただけたら嬉しいです。

【TabiMUSE×STWドバイツアー特設ページはこちら】
https://tabi-muse.com/stw/dubai/

[PR] エス・ティー・ワールド /ドバイ政府観光・商務局
#中東・アフリカ
#アラブ首長国連邦
#ドバイ
#女子旅
#贅沢
#アクティビティ

cremenatsu

カフェトラベラー

平日は会社員として働きながら、休みを利用して旅をするCafe traveler。カフェ巡りが大好きで、国内はもちろん、海外のカフェやパティスリーを巡っては写真を撮りInstagramやブログ等で紹介しています。世界のカフェをもっともっと巡りたい。

AM 07:00

アラブ首長国連邦 ドバイ ジュメイラ・モスク

ドバイへはもちろんエミレーツ航空で!
金曜深夜発の便があるので、お仕事帰りにそのまま空港へ行って旅立てるのは働く女性には嬉しいポイントですよね。今回は成田空港22:00発のエミレーツ航空に乗り、ドバイへ旅立ちました。

ドバイへは土曜の5時頃到着。空港で現地ガイドさんと待ち合わせをし、そのまま専用車でドバイの街へ出発です。
まずはドバイでも比較的新しく建てられたという【ジュメイラモスク】へ連れて行っていただきました。晴天に真っ白なモスクがとても映えて綺麗で、左右対称なイスラム建築の造りが印象的。朝早かったので、しんと静まり返るモスクは一段と美しく感じました。

モスク内を見学するには内部見学ツアーに参加しなくてはいけないのですが、残念ながら金曜日はお休み。今回は外からぐるっとモスクを見学しました。
---
【ジュメイラモスク】
住所:Opposite Palm Strip, Jumeirah Road.
ツアー料金:25AED(約750円)
URL:http://www.cultures.ae

アラブ首長国連邦 ドバイ ジュメイラ・モスク

AM 07:15

アラブ首長国連邦 ドバイ ジュメイラ・ビーチ

次に連れて行っていただいたのが【ジュメイラビーチ】です。

有名ホテルの【ブルジュ・アル・アラブ】がよく見渡せる場所なのですが絶賛工事中でした。来年のドバイ万博に向けて、街のいたる所で新しい建物が建てられていたり、改装工事をしている様子をよく見かけます。どんどん進化を遂げるドバイを肌で感じる瞬間でもありました。

アラブ首長国連邦 ドバイ ジュメイラ・ビーチ

AM 07:30

アラブ首長国連邦 ドバイ ドバイマリーナ

高級住宅街や屋外レストランなどが立ち並ぶマリーナ地区へ。このエリアは駐在の方や欧米人も多く、異国の地のような雰囲気。空に向かって高く建てられた建物の数々は圧巻です…。
この時間になると、海沿いのレストランで朝ごはんを楽しむ人の姿もちらほら見かけるようになりました。

アラブ首長国連邦 ドバイ ドバイマリーナ

AM 08:00

アラブ首長国連邦 ドバイ JBR ビーチ

ドバイマリーナから車で【THE BEACH】というオブジェが人気の【JBRビーチ】へ移動。
【THE BEACH】は映画館やレストラン、カフェ、ホテルを始め約1kmにもわたるビーチなどリゾート感を味わえるエリアです。広々としていて芝生もあるので家族連れにも人気のスポット。

少し小腹が空いたので事前にチェックしていたカフェ【Rogue Coffee】で朝ごはんをいただくことに。大きな窓から光が差し込む気持ちのよい店内で、笑顔が素敵な店員さんに美味しいカフェラテを淹れてもらいました。クロワッサンなどの軽食もありましたよ。朝8時からオープンしているので早朝着の観光客の方にもおすすめです。
---
【Rogue Coffee】
住所:Jumeirah Beach Residence JBR - Dubai
URL:http://www.instagram.com/rogue.coffee/

アラブ首長国連邦 ドバイ JBR ビーチ

AM 09:00

アラブ首長国連邦 ドバイ Al Seba Street, ローブ ドバイ マリーナ

そして今回お世話になるホテル【ローブ ドバイ マリーナ】へ到着!
ニュードバイにぴったりなモダンデザインが印象的なデザインホテルでした。カラフルな置物やドバイのモチーフをポップにデザインしたアートなど、ホテル内を散策するだけでも楽しい。

お部屋もクリーンで清潔感があり、ランプや壁に書かれたイラスト、缶バッチ型のオブジェなど写真におさめたくなるスポットがたくさんありました。
アメニティがシャンプー、トリートメント、ボディ&ハンドソープだけだったので、歯ブラシやスリッパ、スキンケア、パジャマ類は持参するのをおすすめします。
---
【ローブ ドバイ マリーナ】
住所:Marina, 119444 - Al Seba Street - Dubai -
URL:http://www.rovehotels.com/hotel/rove-dubai-marina/

アラブ首長国連邦 ドバイ Al Seba Street, ローブ ドバイ マリーナ

AM 11:00

Alserkal Avenue - 17th Street - ドバイ - アラブ首長国連邦

ホテルで準備を整え、早速向かったのが【Al Serkal Avenue(アル・サーカルアベニュー)】。倉庫街を改装してできた、ドバイの芸術やアートを体験できる話題のスポットです。ホテルからタクシーで20分ほどでした。(ドバイはタクシーが安いので、移動はタクシーがおすすめです*)

ドバイで話題のアーティストによる展示や人気のチョコレートショップ「Mirzam」、可愛い雑貨屋さんが並んでいて、倉庫街を歩くだけでドバイの最新カルチャーに触れることができます。ぽつんと置かれたアーティスティックな椅子など、撮影スポットを見つけるのも楽しいですよ。

夜はライブが行われたりとまた違う顔を見せてくれる【Al Serkal Avenue(アル・サーカルアベニュー)】。まだまだエリアも拡大中なのだとか。訪れる度に新たな発見があるこのスポット、ぜひ足を運んでみてくださいね。
---
【Al Serkal Avenue(アル・サーカルアベニュー)】
住所:17th St - Dubai
URL:http://www.instagram.com/alserkalavenue/

Alserkal Avenue - 17th Street - ドバイ - アラブ首長国連邦

PM 02:00

The Courtyard - ドバイ - アラブ首長国連邦

【Al Serkal Avenue(アル・サーカルアベニュー)】から徒歩3分のところにあるのがここ【The Courtyard】。雑貨やカフェが入っているエリアで、ドバイの最新スポットのひとつ。
エリア内はヨーロッパ調の外観やガーデニングが印象的で、通り抜ける風も気持ちよく休憩したいときにもおすすめです。
---
【The Courtyard】
住所:Sheikh Zayed Road (E11), Al Quoz Industrial 1, 4 B St P.O. Box 14214 4 B Street - Dubai
URL:http://www.courtyard-uae.com/

The Courtyard - ドバイ - アラブ首長国連邦

PM 03:00

Boston Lane - 4 B Street - ドバイ - アラブ首長国連邦

その【The Courtyard】内に入っている雑貨屋さんやカフェがとっても可愛いのです…♡その中でも特におすすめの2店舗をご紹介。

【Tribe Dubai】
椅子やテーブル、クッションなどのインテリア雑貨がメインのお店。ドバイに住んでいたらインテリア類は全てここで揃えてしまいたくなるほど、並んでいるもの全てが可愛かったです。ドバイのモチーフをCUTEにデザインしたポストカードはお土産にも良さそう。
http://www.tribedubai.com/

【Boston Lane】
モスク型のアーチとお花が可愛いカフェ。アサイーボウルからサンドイッチまでメニュー展開も豊富なので食事でもカフェでも利用できます。ドバイを現代風にアレンジしたイラストも可愛いですよね。wifiと電源も完備されているのでちょっとした休憩にぜひ。
http://www.bostonlane.com/

Boston Lane - 4 B Street - ドバイ - アラブ首長国連邦

PM 05:00

La Mer Beach, La Mer - ドバイ - アラブ首長国連邦

そのあとはまたタクシーを拾い【La Mer Beach(ラ・メール・ビーチ)】へ。2017年にオープンしたばかりの【La Mer Beach(ラ・メール・ビーチ)】は観光客にも人気のスポットで、ビーチアクティビティやレストラン、ショッピングを楽しめる壮大なエンターテイメントエリアです。

エリア内には様々なカラフルなウォールアートが描かれていて、撮影スポットとしても楽しめます。日が沈み始めるとエリア全体がライトアップされ幻想的な雰囲気に。
---
【La Mer Beach(ラ・メール・ビーチ)】
http://www.lamerdubai.ae/en/

La Mer Beach, La Mer - ドバイ - アラブ首長国連邦

PM 06:30

La Mer Beach, La Mer - ドバイ - アラブ首長国連邦

この時期のドバイの日の入りは午後6時頃。【La Mer Beach(ラ・メール・ビーチ)】の高台からサンセットを楽しみました。日が沈みかけてからはあっという間に真っ暗に。
気候的に日が沈んでからが過ごしやすいドバイでは、この時間でもたくさんの人で賑わっていました。私たちもお揃いのブレスレットを購入したり、夜ごはんを食べたりと1日目を存分に満喫しました。

La Mer Beach, La Mer - ドバイ - アラブ首長国連邦

前の日

次の日

cremenatsu

カフェトラベラー

平日は会社員として働きながら、休みを利用して旅をするCafe traveler。カフェ巡りが大好きで、国内はもちろん、海外のカフェやパティスリーを巡っては写真を撮りInstagramやブログ等で紹介しています。世界のカフェをもっともっと巡りたい。