2016-11-08 〜 2016-11-13

ユーレイルパスで9ヶ国を巡る!ヨーロッパ12日間 縦断の旅 〜後編〜

ユーレイルグローバルパスフレキシータイプ10日間を使って旅するプレス旅行の後半です。
スイス/ドイツ/デンマーク/スウェーデン/ノルウェーを順に縦断する鉄道旅をレポします!

◆ユーレイルパスで9ヶ国を巡る!ヨーロッパ12日間 縦断の旅 〜前編〜
(ポルトガル/スペイン/フランス/イタリア)
http://tabi-muse.com/collections/view/498/1

-------------------------------------------------------------------------------
◆ユーレイルグループ
http://www.eurailgroup.org/(英語)
http://jp.eurail.com/ (日本語)

◆アプリ
http://www.eurailgroup.org/railplanner

[PR] ユーレイル
#ヨーロッパ
#ドイツ
#スイス
#スウェーデン
#ノルウェー
#デンマーク
#フランクフルト
#チューリッヒ
#ストックホルム
#オスロ
#コペンハーゲン
#女子旅
#絶景
#世界遺産・遺跡
#グルメ
#ホテル

Michelle

モダンカリグラファー・トラベルライター

上海在住ママトラベラー。 モダンカリグラフィーやテーブルコーディネートをライフワークとする傍ら、複数ウェブ媒体にてトラベルライターとしても活動している。 45ヶ国150都市以上訪問した中で、1番のお気に入りは幼少期を過ごしたニューヨーク。これまで1番多く訪れたは韓国ソウル(40回以上)。 blogや他SNSではグルメやホテル、息子と旅する親子旅情報を発信中。

AM 07:00

Romantik Schweizerhof Grindelwald

何を食べようか迷ってしまう美味しい朝食ビュッフェ。
雪景色を見ながら、ロマンティックホテルでの最後の時間を楽しみます。

Romantik Schweizerhof Grindelwald

AM 08:45

Grindelwald

いよいよ出発!

車窓の風景が美しいと言われるユングフラウ鉄道に乗車し、ヨーロッパで最も標高の高い鉄道駅【ユングフラウヨッホ】を目指します。

まずはGrindelwald(グリンデルワルド)から乗り換え駅のKleine Scheldegg(クライネシャイデック)駅まで。

ユングフラウ鉄道パスポートと、お土産にスイスブランドLindt(リンツ)のチョコレートをいただきました。
ユングラウヨッホにも実は工場があるそうです!

車窓からは、イモトが登ったことで有名なアイガーも眺めも。

Grindelwald

AM 09:15

Kleine Scheldegg

Kleine Scheldegg(クライネシャイデック)駅に到着。
ここですでに標高2,061mの高さ。

【Top of Europe】を目指してユングフラウ鉄道にて山を登っていきます。
ここからは更に標高が高くなっていくため、高山病に注意!
(車内モニターで標高が表示されます)

Kleine Scheldegg

AM 10:15

Jungfraujoch

途中2回展望ポイントで下車しながら、50分間かけてユングラウヨッホ駅に到着!
電光掲示板にはなんとマイナス10度の表記が…

ここからTop of Europe の見学スタートです。

Jungfraujoch

AM 10:45

Jungfraujoch

Top of Europeのガイドツアーに参加。
駅から直結している観光施設で、すべて室内ルートで見学ができます。

3,571m位置する【スフィンクス展望台】からは吹雪のため山頂の景色を見ることはできませんでしたが、せっかくなので外に出てみました。
(この時マイナス11度。本当に寒かったです…)

他にも、アイスパレスや360度モニターで山の景色を疑似体験できる映像施設も。

スイスの旗の写真を撮るならヘリコプターの着陸地点にもなっているプラトー ( Plateau ) へ。
天気がよければユングフラウ の4158mの山が大きく眺められるそう。

夏季限定で【Snow Fun】雪遊びができるアトラクションもありますよ!

Jungfraujoch

PM 12:00

Jungfraujoch

ランチはTop of Europe内のレストランでいただきます。
ご用意いただいた窓際の席からは一面雪で覆われた景色が。

食後はホットチョコレートで温まりました♩

Jungfraujoch

PM 04:00

Interlaken

同じルートでKleine Scheldegg駅に向かい、そこからはLauterbrunnen(ラウター
ブルンネン)→Interlaken(インタラーケン)まで下山します。

車窓からはユングフラウやアイガーの山を眺めたり、街の景色を楽しみました。

Interlakenに到着したら、朝からお世話になったガイドのErikaとお別れです。
笑顔がとっても素敵なErikaのおかげで、楽しい観光となりました。

Interlaken

PM 08:00

Interlaken

夜の出発時刻までInterlakenの街を探索し少し休憩。
列車内から見えていたエメラルドグリーンのアーレ川が気になって川岸まで行ってみました。

Interlakenには美しい湖が多く、夏場は船に乗ってクルージングができるそう。
季節ごとに楽しみ方が違うので、次は夏に訪れてみたいです!

休憩したあとは再びユーレイルパスを使って、寝台特急の出発駅スイスのBaselに向かいます。

***Info***
IC986
Interlaken OST→Basel

Interlaken

PM 11:00

Basel SBB

この旅二度目の寝台列車移動です!
今回のルートは、<スイス Basel →ドイツ Hamburg>
約9時間の移動でした。

3人部屋をシングルユース予約ができます!

一等車の設備はお部屋によって、洗面台のみまたはシャワー+トイレ付きと異なるようです。

コネクティングルーム仕様になっているため、お友達と一緒に旅するときも部屋を繋げて過ごせば楽しそう♩

この日は車内でぐっすり眠りました zZZ

***Info***
CNL478
Basel SBB→Hamburg Hbf

Basel SBB

前の日

次の日

Michelle

モダンカリグラファー・トラベルライター

上海在住ママトラベラー。 モダンカリグラフィーやテーブルコーディネートをライフワークとする傍ら、複数ウェブ媒体にてトラベルライターとしても活動している。 45ヶ国150都市以上訪問した中で、1番のお気に入りは幼少期を過ごしたニューヨーク。これまで1番多く訪れたは韓国ソウル(40回以上)。 blogや他SNSではグルメやホテル、息子と旅する親子旅情報を発信中。