2018-10-09 〜 2018-10-12

フィジー - 南太平洋の楽園でゆったり過ごす大人の癒し旅 -

333の島からなる南太平洋の楽園、フィジー。
飛行時間は直行便で約9時間と意外と近いのも魅力のひとつ。
スパでリラックスしたり、大自然に囲まれて、のんびり過ごす癒し旅です。
ホテルはデナラウ島にある5つ星ホテル【Hilton Fiji Beach Resort & Spa】。
また、短い日程でも離島も訪れたかったので、マラマラ島の【Malamala Beach Club】を選びました。

【フィジー共和国】
公用語は英語、フィジー語、ヒンディー語。
通貨はFJD(フィジードル)、世界的にも珍しい7ドル札が記念紙幣として発行されています。

#オセアニア・ミクロネシア
#フィジー
#フィジー
#女子旅
#リゾート
#リトリート

Mio S.

Consultant

外資系でお休みを取りやすい環境を活かして、毎月のように海外へ。今まで訪れた国は60ヶ国350都市以上。小さなころから影響を受け、滞在していた英国のロンドンやヨーロッパの街が好き。最近は知られざる国や秘境にも行くので、コレクションが誰かの旅のきっかけになれたら嬉しいです。

AM 07:20

Hilton Fiji Beach Resort and Spa, デナラウ島 フィジー

今日は1日離島で過ごすので、送迎のバスが来るまでの間、ホテル内をお散歩。天気が良くて、澄んだ空気をいっぱいに吸い込んで1日がスタートです。

Hilton Fiji Beach Resort and Spa, デナラウ島 フィジー

AM 09:25

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

デナラウ港からフェリーで25分ほどのマラマラ島にある【Malamala Beach Club】へ。

ママヌザ諸島はナンディから遠ければ遠いほど手付かずの美しい自然が楽しめますがマラマラ島だけは例外で、今迄リゾート施設がなかったため、ビーチやサンゴ礁が綺麗なまま残されている場所です。

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

AM 10:20

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

長い桟橋に続くマラマラ島は、島全体がビーチクラブになっています。

【Malamala Beach Club】
ホテルから島までの送迎とアクティビティ、タオル、Wi-Fi込みでFJD169(約9,000円)。
デナラウ港から毎日10:00発、島からは16:15 / 17:15発のどちらかが選べます。
https://malamalabeachclub.com/

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

AM 11:00

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

太陽の光を久しぶりに思い切り浴びて、フィジーの大自然に心が癒されます。

海だけでなく、インフィニティ・プールもあるので、どちらも楽しむことができます。

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

PM 12:20

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

ランチはアサイーボウルにしました。フルーツがみずみずしくて美味しかったです。

ビーチクラブ内の飲食代金は別料金です。

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

PM 01:40

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

読みたかった本を読んだり、パラソルの下で寝そべっている時も、絶妙なタイミングでスタッフの方々が笑顔でドリンクなどのオーダーの確認をしてくださいます。

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

PM 04:00

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

モーター付きのアクティビティはありませんがカヤックやSUP、シュノーケルなどのレンタルは無料なので、透明度の高い海を満喫することができます。

帰りのフェリーが出る夕方まで、心からゆっくりできました。

ホテルまで送っていただいて、夜はルームサービスを頼んでのんびりしました。

Malamala Beach Club, ナディ フィジー

前の日

次の日

Mio S.

Consultant

外資系でお休みを取りやすい環境を活かして、毎月のように海外へ。今まで訪れた国は60ヶ国350都市以上。小さなころから影響を受け、滞在していた英国のロンドンやヨーロッパの街が好き。最近は知られざる国や秘境にも行くので、コレクションが誰かの旅のきっかけになれたら嬉しいです。