2019-08-26 〜 2019-08-27

未知の国ブルネイ - 大自然から7つ星ホテルまで、首都バンダルスリブガワンで楽しむ30時間 -

3日間のお休みを利用して、東南アジアのボルネオ島北部に位置するブルネイの首都、バンダルスリブガワン(Bandar Seri Begawan)を訪れました。

水上ボートでボルネオ島の大自然に触れたり、世界に2つしかない7つ星ホテルのひとつ【The Empire Brunei】でアフタヌーンティーをしたりと、滞在時間が短いながらも楽しめる未知の国ブルネイへ皆さんをお連れします。

【ブルネイ・ダルサラーム】
国名は、永遠に平和な国と言う意味で非常に治安が良いです。
所得税なし、医療費と教育費は無料。天然資源が豊富なブルネイは、世界で最も裕福な国トップ10にもランクインしています。また、国を統べる王様は慕われていて、肖像画をあちらこちらで見かけます。敬虔なイスラム教徒の国なので、滞在時の服装には注意が必要です。

公用語はマレー語で、日常会話はブルネイ・マレー語。英語も広く使われ、どこでも通じました。

通貨はBND(ブルネイドルもしくはブルネイリンギットですが、今回はブルネイドルで統一しています)ブルネイとシンガポールでは、1:1で通貨の等価協定(レートの固定)があります。実際、シンガポール旅行の際に余ったSGD(シンガポールドル)がホテルや街中でも使えました💰※ブルネイドルは日本では両替できません。

#アジアシティ
#マレーシア
#ひとり旅
#ホテル
#弾丸旅行

Mio S.

Consultant

外資系でお休みを取りやすい環境を活かして、毎月のように海外へ。今まで訪れた国は60ヶ国350都市以上。小さなころから影響を受け、滞在していた英国のロンドンやヨーロッパの街が好き。最近は知られざる国や秘境にも行くので、コレクションが誰かの旅のきっかけになれたら嬉しいです。

AM 08:15

Jalan Sultan Omar Ali Saifuddien, バンダル・スリ・ブガワン ブルネイ・ダルサラーム

昨日は時間外で外観しか観れなかった通称オールド・モスク【スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク】へ。

くもり空も少しずつ晴れてきて、気温も徐々に上がってきました。バンダルスリブガワンは観光するなら気温が高くなる前の午前中が勝負です。暑いですが露出を避け、モスクの中ではガウンと髪にヒジャブを。

【スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク】
Address : Jalan McArthur, Bandar Seri Begawan, Brunei
Open : 8:30 a.m. - 12:00 a.m. / 13:30 p.m. - 15:00 p.m / 16:30 p.m. - 17:30 p.m.
Close : Every Friday
※ガウンとヒジャブは貸し出し、内部は撮影禁止です。

Jalan Sultan Omar Ali Saifuddien, バンダル・スリ・ブガワン ブルネイ・ダルサラーム

AM 09:20

Bandar Seri Begawan, ブルネイ・ダルサラーム

モスクを後にし、徒歩で5分ほどのショッピング・モール【ヤヤサン・コンプレックス】前から出ている水上ボートへ。

いくつかの水上ボートが岸辺に停まっていて、英語で交渉開始。チャーターしてBND20(約1,600円)で2時間ほどボルネオ島の大自然を満喫します。

まずは、世界最大の水上集落【カンポン・アイール】を見ながらブルネイ川を20分ほど下ります。ボートでマングローブ林の間を静かに進んで行くと、鳥の鳴き声が聞こえてきたり、キラキラとした水面に癒されます。群れではなかったものの、ボルネオ島固有種である天狗サルを観ることができました。

Bandar Seri Begawan, ブルネイ・ダルサラーム

PM 12:00

Badi'ah Hotel Brunei, Jalan Laksamana Abdul Razak, バンダル・スリ・ブガワン ブルネイ・ダルサラーム

1度ホテルまで戻り、チェックアウト後に再び【ヤヤサン・コンプレックス】へ。これから、世界に2つしかない7つ星ホテルの内のひとつ【The Empire Brunei(通称エンパイア・ホテル)】へ向かいます。

ブルネイは国民の車所有率が1台を超えているため、電車は国内になく、バス以外の公共交通機関は発達していません。バスならどこへ行くにもBND1(約80円)、エンパイア・ホテルだけはBND2(約160円)、タクシーも国内で50台ほど。

【Hotel Shuttle Service】
オールド・モスクから徒歩5分ほどのヤヤサン・コンプレックス前から乗車。
12:45 p.m.から20:45 p.m. までは2時間ごと、ホテル行きの最終は21:45 p.m.
料金はBND10(約800円)で、予約が望ましいです。
Tel : +673 241 8888
Mail : info@theempirebrunei.com

Badi'ah Hotel Brunei, Jalan Laksamana Abdul Razak, バンダル・スリ・ブガワン ブルネイ・ダルサラーム

PM 01:00

The Empire Brunei, Muara - Tutong Highway, Brunei, ブルネイ・ダルサラーム

約20分で、【The Empire Brunei】に到着。

英国式アフタヌーンティーは、こちらの吹き抜けのロビーにある総大理石のラウンジで☕

元々、王族所有の迎賓館だった為、重厚感があります。14:00に予約をして、時間までホテル内を散策してみることに。

【The Empire Brunei】
Address : Jerudong BG3122, Negara Brunei Darussalam
https://theempirebrunei.com/

The Empire Brunei, Muara - Tutong Highway, Brunei, ブルネイ・ダルサラーム

PM 01:15

The Empire Brunei, Muara - Tutong Highway, Brunei, ブルネイ・ダルサラーム

広い敷地内には、18ホールのゴルフコース、9つのプール、映画館やボウリング場などがあり退屈することはありません。

アフタヌーンティーの予約時間になったので、再びロビーにあるラウンジへ。

The Empire Brunei, Muara - Tutong Highway, Brunei, ブルネイ・ダルサラーム

PM 02:00

The Empire Brunei, Muara - Tutong Highway, Brunei, ブルネイ・ダルサラーム

アフタヌーンティーは、紅茶やコーヒーが数種類から選べ、お茶だけでも定番のダージリンからペパーミントまで7種類もありました。途中で種類を変えることもでき、楽しめます☕

イスラム教国家でシャンパンは飲めないので、最初にリンゴのサイダーが出てきます。

サンドウィッチ、ミニサイズのベーグルやケーキなどはお代わりできます。1番上の段のケーキは、どれも私にはちょっと甘すぎましたが、焼き立てでサーブされるスコーンが絶品で感激。

料金は、サービス料も込みでBND18.7(約1,500円)とお手頃なのも嬉しいです。

The Empire Brunei, Muara - Tutong Highway, Brunei, ブルネイ・ダルサラーム

PM 06:00

Jame' Asr Hassanil Bolkiah Mosque, Simpang 127, バンダル・スリ・ブガワン ブルネイ・ダルサラーム

アフタヌーンティーの後もホテルでくつろぎ過ぎてしまい、気が付いたら日が落ちていました。

18時発のシャトルバスを利用して、ガドン地区の【ガドン・ナイト・マーケット】へ。マーケットは、地元の方々の台所だけあり、活気があってとにかく果物のドリアンが多かったです。

帰りは車窓から通称ニュー・モスク【ジャメ・アスル・ハサナル・ボルキア・モスク】を見ながらホテルへと戻りました。

Jame' Asr Hassanil Bolkiah Mosque, Simpang 127, バンダル・スリ・ブガワン ブルネイ・ダルサラーム

PM 08:50

Bandar Seri Begawan Airport Terminal Bill, Jalan Mata Mata, バンダル・スリ・ブガワン ブルネイ・ダルサラーム

最後に、もう1度だけオールド・モスクが見たくなって、再び街の中心部にあるモスクへ。ライトアップされたモスクは輝いていて綺麗でした。

ホテルから空港まで送っていただき、手元のSGDで「パッチ」のチョコレートをお土産に。

深夜0時過ぎのフライトで成田空港まで帰ります。(成田への到着は翌朝の7時半ごろ)

駆け足でしたが、未知の国ブルネイの扉を開くきっかけになれたら嬉しいです。

Bandar Seri Begawan Airport Terminal Bill, Jalan Mata Mata, バンダル・スリ・ブガワン ブルネイ・ダルサラーム

前の日

次の日

Mio S.

Consultant

外資系でお休みを取りやすい環境を活かして、毎月のように海外へ。今まで訪れた国は60ヶ国350都市以上。小さなころから影響を受け、滞在していた英国のロンドンやヨーロッパの街が好き。最近は知られざる国や秘境にも行くので、コレクションが誰かの旅のきっかけになれたら嬉しいです。