2019-12-05 〜 2019-12-09

神秘のエジプト - 世界遺産ピラミッドを堪能するギザ & カイロ5日間 -

幼いころ、考古学者になりたかった私にとって憧れの地であるエジプトのギザ。
ANAのマイルを7万マイル利用して、特典航空券でのマイル旅です。
航空券代が浮いた分、ホテルはずっと泊まりたかったピラミッドに1番近いホテル「Marriott Mena House Cairo」に。
新しくなった世界最大の新空港を見たかったので経由地をイスタンブールに決め、乗り継ぎ時間を利用して短いながらも5回目のトルコも楽しみました。

【トルコ共和国】
公用語はトルコ語。
観光地では、英語も問題なく通じます。
通貨はTRY(トルコリラ)、日本でも両替可能ですが現地で両替した方がお得です。

【エジプト・アラブ共和国】
公用語はアラビア語。英語も広く通じます。
通貨はEGP(エジプトポンド)、USDも利用できるところがあります。
また、到着時にVISA代がUSD25必要ですので、忘れずに。

#中東・アフリカ
#エジプト
#トルコ
#カイロ
#ギザ
#イスタンブール
#絶景
#世界遺産・遺跡
#弾丸旅行

Mio S.

Consultant

外資系でお休みを取りやすい環境を活かして、毎月のように海外へ。今まで訪れた国は60ヶ国350都市以上。小さなころから影響を受け、滞在していた英国のロンドンやヨーロッパの街が好き。最近は知られざる国や秘境にも行くので、コレクションが誰かの旅のきっかけになれたら嬉しいです。

AM 05:45

Tayakadın, Istanbul Airport (IST), Terminal Caddesi, Arnavutköy/イスタンブール県 トルコ

イスタンブールに着いたのは早朝ですが、空港は天井が高く空間を活かしたモスクのような美しい空港です。両替所も少し見渡しただけでも3軒もあり、免税店なども営業していました。

地下1階まで降りて、空港バス'Havaist'(ハワイスト)で旧市街の中心地まで向かいます。バスは行き先別に番号で分かれていて、私の行きたい歴史地区(スルタンアフメット)までは17番から出発です。TRY18(約350円)でした。

こちらのチケットの購入場所は自動販売機と窓口があり、クレジットカードでの決済も可能です。本来なら、新空港のオープンと共に地下鉄が運行予定でしたが工事が遅れているため、バス利用です。

夜明け前で街が静まり返っている為、40分ほどでブルー・モスクなどのあるイスタンブール歴史地区に到着しました。

エジプト到着前に、もう1度見ておきたかったのがテオドシウス1世のオベリスクへ。遥か遠く、エジプトのルクソールにあるカルナック神殿からローマ皇帝によって運ばれたものです。ライトアップされて綺麗に輝いていて、これから向かうエジプトへ心を馳せました。

Tayakadın, Istanbul Airport (IST), Terminal Caddesi, Arnavutköy/イスタンブール県 トルコ

AM 09:00

Alemdar, Yerebatan Sarnıcı, Yerebatan Caddesi, ファティ/イスタンブール県 トルコ

夜が明けてきて、せっかくなのでチャイ(トルコの紅茶)でも飲もうとカフェへ。大好きなピスタチオのバクラバも見つけたので、一緒にいただきました。

トルコは何度も訪れていますがまだまだ見たいところがあり、今回は地下宮殿へ。貯水池として使われていたものですが神秘的な美しさに魅了されました。1番下まで階段を降りるとギリシャ神話でも有名な蛇の髪の毛を持つメデゥーサの首の柱があるので必見です。

【地下宮殿】
Open : 9:00 a.m. - 18:30 p.m. (冬季は17:30 p.mまで)
Admission fee : TRY20(約400円) クレジットカード不可、TRYの現金のみしか使えませんので、ご注意ください。

Alemdar, Yerebatan Sarnıcı, Yerebatan Caddesi, ファティ/イスタンブール県 トルコ

AM 11:30

Tayakadın, Istanbul Airport (IST), Terminal Caddesi, Arnavutköy/イスタンブール県 トルコ

スルタンアフメットから同じバスで約40分ほどでイスタンブール新空港まで。チケットは往路と同じTRY18(約350円)です。空港から市内へ出る時はクレジットカードも使えますが、こちらはドライバーさんから直接購入するので、現金が必要です。※今回は滞在時間が非常に短かったので、このような形にしましたが宿泊されるならICカードがおすすめです。

午前中で渋滞にも巻き込まれず、想像以上に早く空港に到着。

ターキッシュ・エアラインズはお食事が美味しいので、楽しみにしていたラウンジへ。シェフが多く、あたたかいトルコの伝統料理などもいただけます。

今回は今迄で1番短いトルコ滞在ですが、いよいよエジプト・エアMS738便でカイロへ。

Tayakadın, Istanbul Airport (IST), Terminal Caddesi, Arnavutköy/イスタンブール県 トルコ

PM 04:00

Nile River, Kornish Al Nile, Tahna Al Gabal, Minya, エジプト

カイロ国際空港に到着後、USD25(約2,500円)を専用カウンターで支払い、Arrival VISAを取得します。同じカウンターで外貨両替も可能です。エジプトでは持参したUSD200の中から、USD50(約5,000円)だけEGP(エジプト・ポンド)に両替しました。

カイロでは、街中でお土産などを購入する際はクレジットカードやUSDをそのまま使えるところもあります。私は翌日、既に現地発のオプショナルツアーを手配済みだったため、そこまで現金は必要ありませんでした。日本での再両替は現在かなり難しいので、滞在期間や過ごし方に合わせて両替することをおすすめします。

空港から宿泊するホテルまでは、個人手配で送迎を付けました。途中、ナイル河に差し掛かる橋の上で写真を撮り、夢だったエジプトにいることを実感しました。

Nile River, Kornish Al Nile, Tahna Al Gabal, Minya, エジプト

PM 05:00

Marriott Mena House, Cairo، Kafr Nassar, Al Haram, エジプト

ピラミッドから1番近いホテルにどうしても泊まりたくて、予約したのは8月。希望するピラミッド・ビューのお部屋がなかなか空いていなくて、フライトよりホテルを優先して予約したのは初めてでした。たった2泊だけですが滞在中、ホテルからピラミッドが見えるだけで、しあわせでした♡

【Marriott Mena House Cairo】
Address : 6 Pyramids Road, Giza, Cairo 12556 Egypt
https://www.marriott.com/hotels/hotel-rooms/caimn-marriott-mena-house-cairo/

Marriott Mena House, Cairo، Kafr Nassar, Al Haram, エジプト

前の日

次の日

Mio S.

Consultant

外資系でお休みを取りやすい環境を活かして、毎月のように海外へ。今まで訪れた国は60ヶ国350都市以上。小さなころから影響を受け、滞在していた英国のロンドンやヨーロッパの街が好き。最近は知られざる国や秘境にも行くので、コレクションが誰かの旅のきっかけになれたら嬉しいです。