2019-10-19 〜 2019-10-20

【一度は訪れたい】絶景が広がる弾丸トルコ・カッパドキア旅

小さい頃に見た気球の写真。
その時の衝撃が忘れられず、憧れのカッパドキアに訪れました。

日本からトルコまでは直行便で約13時間。
イスタンブールで乗り継ぎ、カッパドキアへ。
移動時間がかかるため、今回は連休と有給を組み合わせ5泊8日での弾丸旅行。

複合遺産である絶景に囲まれ、衣食住ともに快適な時間を過ごすことができる、弾丸カッパドキア旅をお届けします。

#中東・アフリカ
#トルコ
#カッパドキア
#女子旅
#絶景
#世界遺産・遺跡

RIE_TABI

Cafe Traveler

旅のテーマは"ナチュラルジェニック" 自然に溶け込むようなスポットが大好き。現地のカフェホッピングやお金をかけずコスパ良く楽しむ旅設計が得意。普段は会社員として働きながら有給と連休をうまく使って満喫できるフォトジェニックな旅を発信中です。

AM 06:00

Sunset view point, Göreme/Nevşehir Merkez/ネヴシェヒル トルコ

まだ眠たい身体を叩き起こして、遂に憧れの気球遊覧へ。

早朝、送迎バスに乗って15分もせずに離陸ポイントに到着しました。
まだ日が登る前の気球離陸ポイントは多くの観光客とバスで溢れ、活気のあるスポットと化していました。

気球には順番に案内されてバスケット内に20名ほど乗り込み、順次離陸していきます。
この時、角のスポットが写真撮影をしやすいとのことでカメラを持っていたらスタッフの方が早めに乗せてくれました。

Sunset view point, Göreme/Nevşehir Merkez/ネヴシェヒル トルコ

AM 07:00

Sunset view point, Göreme/Nevşehir Merkez/ネヴシェヒル トルコ

憧れの気球からの景色は、まさに言葉がでないほどの絶景。

グラデーションになっている空には多くの気球が浮かび、大自然が生んだ不思議な岩、“奇岩群”の姿はカッパドキアでしか見ることのできない光景です。
運転手同士の無線の音と、炎のゴーッという音だけが響く空中空間。
ここに来れて良かったという想いが溢れ感動の時間でした。

しばらく遊覧して無事に着陸した後は、みんなでシャンパンやジュースで乾杯!
記念に飛行証明書も貰えるので、忘れずに受け取ってくださいね。

Sunset view point, Göreme/Nevşehir Merkez/ネヴシェヒル トルコ

AM 08:30

Aydınlı Mahallesi, Aydınlı Cave Hotel, Aydınlı Sokak, Göreme/Nevşehir Merkez/ネヴシェヒル トルコ

送迎バスでホテルに戻って朝食。
「Aydinli Cave Hotel」では屋上にテラスがあり、そこでバイキング形式の朝食をいただくことができました。
オムレツやスクランブルエッグなど、その場で作ってくれるメニューもあり大満足。
屋上テラスからの眺めはまた気球とは違って、洞窟ホテルの連なる光景を楽しむことができホテルの決め手にもなりました。

Aydınlı Mahallesi, Aydınlı Cave Hotel, Aydınlı Sokak, Göreme/Nevşehir Merkez/ネヴシェヒル トルコ

AM 10:00

トルコ ネヴシェヒル Nevşehir Merkez, Göreme, Pasabag

朝食を食べた後はカッパドキア観光。
カッパドキアには気球以外にも、世界遺産に登録されているギョレメ国立公園や岩石遺跡群があります。
“妖精の煙突”とも呼ばれているキノコ岩が集まる「Pasabag(パシャバー)」は、カッパドキア観光では見逃せないスポット!

トルコ ネヴシェヒル Nevşehir Merkez, Göreme, Pasabag

PM 01:00

Kaymaklı Yeraltı Şehri, Kaymaklı/Nevşehir Merkez/ネヴシェヒル トルコ

カッパドキアの観光スポットとして人気の「カイマクル地下都市」
キリスト教徒がアラブ人の迫害から逃れるために造ったといわれ、地下8階にもおよぶ大規模な都市です。
多いときは5000人以上がここで生活していたといわれている地下都市には、礼拝堂や台所、ワイナリー、寝室、学校の教室などがありました。

Kaymaklı Yeraltı Şehri, Kaymaklı/Nevşehir Merkez/ネヴシェヒル トルコ

PM 08:00

otogar, Turgut Özal Meydani, Göreme/Nevşehir Merkez/ネヴシェヒル トルコ

カッパドキア観光を終えて、早めの夜ご飯を食べた後はホテルでシャワーを借りてギョレメバスターミナルへ。
「カッパドキア」から「パムッカレ」まで約620kmの距離を夜行バスで10時間ほどかけて移動します。

今回は弾丸でのトルコ旅行だったため、移動手段や到着時間も重視してプランニングをしました。
「パムッカレ」に早朝に着く交通手段は夜行バスしかなかったので即決。約2000円(2019年10月時点)で移動することができたので旅費の節約にも!
初めての海外での夜行バスに緊張しましたが、飛行機よりもシートが広く、リクライニングすることも可能でした。
日本の夜行バスと同じく何度かトイレ休憩を挟むので不安な点はほとんどなかったです。

1泊2日という短い時間でしたが、最後の最後までカッパドキアを存分に楽しむことできました。
夜行バスでは、カッパドキアで見た神秘的な景色や体験を振り返りながら眠りにつきました。

otogar, Turgut Özal Meydani, Göreme/Nevşehir Merkez/ネヴシェヒル トルコ

前の日

次の日

RIE_TABI

Cafe Traveler

旅のテーマは"ナチュラルジェニック" 自然に溶け込むようなスポットが大好き。現地のカフェホッピングやお金をかけずコスパ良く楽しむ旅設計が得意。普段は会社員として働きながら有給と連休をうまく使って満喫できるフォトジェニックな旅を発信中です。