2019-11-28 〜 2019-12-02

英国王室ゆかりの地を巡る♡ロマンチックな冬のイギリス【ロンドン】への旅

歴史と伝統が息づく街、ロンドン。

クラシカルで重厚な建物に囲まれたロンドンは、冬の間は街ゆく紳士淑女の装いもより一層エレガントで、煌びやか。
どこを切り取っても絵になる街並みで、ため息が止まらないほどの美しさでした。

英国王室ゆかりの定番観光スポットをはじめ、ショッピングはもちろん、ロンドンを代表する老舗ホテル「The Savoy」での本場のアフタヌーンティー、インスタグラマーに人気のポップなカフェなど、よくばりな4泊5日の子連れの旅。

日が短いながらも魅力たっぷりの冬のロンドンの楽しみ方をお伝えします♡

#ヨーロッパ
#イギリス
#ロンドン
#子供連れ
#ショッピング
#定番観光スポット

Lisa

主婦

ワシントンDC在住。 アメリカ駐在は2回目で、新婚時代を過ごしたニューヨークのマンハッタンは結婚生活の原点なので私にとっての特別な場所です。 現在、一児の子育て中。 子どもには小さな頃から素晴らしい景色を見て、多様な世界に触れて欲しいと思っています。 子どもがいると大変さから色々な事を諦めがちですが、小さな子連れでもママも子どもも旅行を楽しめることをお伝えしたいです。

AM 08:00

Big Ben, ロンドン イギリス

ホテルから歩いて「ビッグベン」へ
世界遺産にも登録され、ロンドンといえば!のビッグベンでもありますが、残念ながら絶賛工事中のため本来のお姿は拝めず…。
工事の足場越しに見えるビッグベンはその長い歴史からするとレアな光景でもあり、別の意味で人気を博していました(笑)
2021年に長期の修繕工事から復活するそうなのでいつかの再訪を楽しみに♡

すぐ側の「ウェストミンスター橋」からは市内を見渡す大観覧車「ロンドン・アイ」やビッグベン、国会議事堂が見えるので、常に大勢の観光客で賑わっています。

Big Ben, ロンドン イギリス

AM 08:30

イギリス ロンドン Deans Yd, ウェストミンスター寺院

2011年にウィリアム王子とキャサリン妃が挙式をしたことでも有名な「ウェストミンスター寺院」。

映画のワンシーンのように美しく素敵なロイヤルウェディングで世界中から注目を集めました。
挙式だけではなく英国国王の戴冠式や故ダイアナ妃の葬儀が執り行われたりと、常に英国王室と共に歴史を歩んで来た由緒正しき寺院。

美しいゴシック式の教会は世界歴史遺産登録を受けていてロンドン観光では外せないスポット。
キャサリン妃ファンの私にとっては「聖地」です(笑)

イギリス ロンドン Deans Yd, ウェストミンスター寺院

AM 09:30

Peggy Porschen Cakes, Ebury Street, London, UK

「ウェストミンスター寺院」から歩き、朝食は「Peggy Porschen」へ。

「The Best Cup Cake Ever」と評されるロンドン屈指のスイーツショップ。
数多くのセレブのウェディングケーキを手がけているので、見た目の可愛らしさだけではなく甘さ控えめでお味も確か。

おとぎ話の世界に迷い込んだようなパステルピンクのラブリーなショップはフォトジェニックなスポットとしてインスタグラムでも大人気♡
連日大行列ができているそうなので、比較的空いている朝を選択して大正解でした。

【Peggy Porschen Cakes】
住所:116 Ebury St, Belgravia, London SW1W 9QQ
営業時間:8:00-20:00

Peggy Porschen Cakes, Ebury Street, London, UK

AM 11:00

イギリス ロンドン バッキンガム宮殿

朝食後は「バッキンガム宮殿」へ。

「セント・ジェームスパーク」をお散歩しながら、ロンドン名物の衛兵交代の時間に合わせて向かいました。
パーク内は道も広く野鳥がたくさんいるので息子も大喜び♪

見やすい場所で衛兵交代の瞬間を見る事ができて感無量。
衛兵は赤のジャケットが有名ですが冬季限定のグレーのジャケットもシックで素敵♡
華麗な衛兵交代のセレモニーは他の観光時間を削ってでも行く価値ありです!

イギリス ロンドン バッキンガム宮殿

PM 12:30

イギリス ロンドン リージェント・ストリート

「バッキンガム宮殿」から歩いてロンドン屈指のショッピングストリート「リージェント•ストリート」へ。

バーバリー本店などのフラッグシップ店や有名店が立ち並んでいて何時間あっても時間が足りなさそう(涙)

ロンドンで有名なオモチャ屋さん「Hamleys」もあるので子供も楽しいショッピング街です♡

イギリス ロンドン リージェント・ストリート

PM 01:00

Thai West Cafe, ブルーワー・ストリート ロンドン イギリス

お買い物の前に、ロンドナーに人気の「Thai West Cafe」でランチを。

座席数も少なく行列ができていたので心配でしたが、テイクアウトの方々が多く、店内で座ってゆっくり頂く事ができました。

好きなおかずを2種類、主食を1種類選べて物価の高いロンドンで10ポンド内で頂ける美味しいランチ♡
行列ができるのも納得です。

【Thai West Cafe】
住所:87 Brewer St, Soho, London W1F 9UX
営業時間:10:00-21:30 (日曜日は定休日)

Thai West Cafe, ブルーワー・ストリート ロンドン イギリス

PM 01:30

イギリス ロンドン ニュー・ボンド・ストリート スマイソン

シンプルな佇まいの中にもエレガントな印象を放つステーショナリーブランド「Smythson」。
こちらもロイヤルワラントのショップの1つです。

パスポートを使う機会が多いので、旅の記念にパスポートケースを主人とお揃いで購入。
店舗にいらっしゃる職人さんに目の前でイニシャルを入れて頂きました。
この先の一生の旅の相棒として仲間入り♡

【Smythson】
住所:131-132 New Bond St, Mayfair, London W1S 2TB
営業時間:9:00-20:00 (日曜日は12:00-18:00)

イギリス ロンドン ニュー・ボンド・ストリート スマイソン

PM 02:00

French Sole, Marylebone Lane, ロンドン イギリス

故ダイアナ妃やキャサリン妃もご愛用されている「French Sole」。

バレエシューズが特に有名で、歩きやすさや革の柔らかさに定評があります。
まだまだ子供が小さいので、こういった歩きやすいフラットシューズはママの強い味方です!

セール品の中からお値打ちな戦利品をゲット♡

【French sole】
住所:61 Marylebone Ln, Marylebone, London W1U 2PA
営業時間:10:00-18:00 (日曜日は12:00-17:00)

French Sole, Marylebone Lane, ロンドン イギリス

PM 03:00

Hamleys, リージェント・ストリート ロンドン イギリス

世界最古にしてロンドン最大のおもちゃ屋「Hamleys」。

入り口では着ぐるみがお出迎え♡
ロンドンの中心にある、全7階の超巨大オモチャショップ!
エンターテイメント性や商品のラインナップをみると、アミューズメントパークの領域に達していると言っても過言ではありません。

行く先々に誘惑があって中々進まない息子。
大人のショッピングの後は子供の番なので思い切り楽しんでもらいました♪
ここでは「Hamleys」限定のレゴ等をゲット。

【Hamleys】
住所:188-196, Regent St, Soho, London W1B 5BT
営業時間:10:00-21:00 (土曜日は9:30-21:00、日曜日は12:00-18:00)

Hamleys, リージェント・ストリート ロンドン イギリス

PM 04:00

イギリス ロンドン オックスフォード・ストリート ボンドストリート

この日の締めは、ヨーロッパで最も華やかなブランド街の1つである「ボンドストリート」。
全長800メートルの通りに世界中のハイブランドが大集合!

夕暮れ時の煌めくイルミネーションも相まり、まさにゴージャスの一言。
アメリカ、フランス、イタリアと世界各国のショッピング街を見てきましたが、その中でもここは頭一つ抜きんでているように感じました。
お店には入りませんでしたが、ただ歩いているだけで目の保養になり、大満足♡

散策後、ホテルに戻り、ルームサービスで夕食を頂きました。

イギリス ロンドン オックスフォード・ストリート ボンドストリート

前の日

次の日

Lisa

主婦

ワシントンDC在住。 アメリカ駐在は2回目で、新婚時代を過ごしたニューヨークのマンハッタンは結婚生活の原点なので私にとっての特別な場所です。 現在、一児の子育て中。 子どもには小さな頃から素晴らしい景色を見て、多様な世界に触れて欲しいと思っています。 子どもがいると大変さから色々な事を諦めがちですが、小さな子連れでもママも子どもも旅行を楽しめることをお伝えしたいです。