2019-08-05 〜 2019-08-09

リゾートときどき観光♡【バンコク】の楽園で過ごすのんびり子連れ旅

黄金色に輝く仏塔や、色とりどりの陶器で装飾された鮮やかな壁画、南国情緒漂う豊かな自然。

悠々と流れるチャオプラヤー川沿いに佇むバンコク随一のリゾートホテルを拠点に、観光もリゾートライフも良いとこどりした4泊5日の子連れバンコク旅行。

バンコクを代表する3大寺院や今SNSで人気の幻想的な寺院まで、定番観光スポット巡りはもちろん、プールやスパといったリゾートホテルでのホテルライフも満喫してきました。

連日の猛暑が続いた日本列島に比べれば、熱帯気候のバンコクも今や避暑地。
雨季でも十分楽しめたバンコクへの旅を、子連れ目線で紹介したいと思います♡

#アジアシティ
#タイ
#バンコク
#子供連れ
#リゾート
#定番観光スポット

Lisa

主婦

ワシントンDC在住。 アメリカ駐在は2回目で、新婚時代を過ごしたニューヨークのマンハッタンは結婚生活の原点なので私にとっての特別な場所です。 現在、一児の子育て中。 子どもには小さな頃から素晴らしい景色を見て、多様な世界に触れて欲しいと思っています。 子どもがいると大変さから色々な事を諦めがちですが、小さな子連れでもママも子どもも旅行を楽しめることをお伝えしたいです。

PM 06:00

日本、千葉県成田市古込1−1 成田国際空港 (NRT)

ANA805便、成田国際空港発バンコク・スワンナプーム国際空港行きに搭乗。
普段の旅行では子供が寝てくれる確率が高い「深夜・早朝便」を主に利用していますが、成田発バンコク行きのANA便は本数が少なく、久しぶりの夕方便に。
フライト時間はおよそ6時間半です。

いざタイへ!

日本、千葉県成田市古込1−1 成田国際空港 (NRT)

PM 11:10

タイ サムットプラーカーン バーンプリー ノーンプルー Soi Mu Ban Nakhon Thong 1, スワンナプーム国際空港

深夜23時過ぎにバンコク着。
さっそく東南アジア感漂うオブジェがお出迎え。
とても広い空港なので寝てしまった重たい息子を抱えながらの出口が遠く遠く感じます。

空港を出たら係の方の指示に従ってタクシーに乗ってホテルまで!(荷物の量や人数によりタクシーに乗る際のレーンが違うのでご注意下さい。メータータクシーかも要確認。)
深夜なので渋滞なし、およそ30分でホテルに到着。

タイ サムットプラーカーン バーンプリー ノーンプルー Soi Mu Ban Nakhon Thong 1, スワンナプーム国際空港

PM 11:50

タイ バンコク Charoen Nakhon Road, アナンタラ リバーサイド バンコクリゾート

今回滞在したホテルは「アナンタラ・リバーサイド・バンコクリゾート」。
川の帝王チャオプラヤー川沿いにあって、大都会バンコクにいる事をうっかり忘れてしまう程のリゾート感。

このホテルを選んだ理由はズバリ「子連れ旅行」だからこそ。
子供が小さいため、連日のように詰め込んだ観光はとても無理。
そんな時に繁華街からも比較的アクセスがよく、バンコクNo.1の規模を誇るガーデンプールがあるこちらのホテルに魅力を感じました。
観光もショッピングもカフェも気軽に行けて、自然豊かな環境でリゾート気分も存分に味わう。
まさにここは大人も子供もハッピーになれるバンコクの「楽園」。

深夜に到着したにも関わらず素敵なウェルカムドリンクのお出迎えに疲れた体が癒されました♡

【Anantara Riverside Bangkok Resort】
住所:257 1-3 Charoen Nakhon Rd, Khwaeng Samre, Khet Thon Buri, Krung Thep Maha Nakhon 10600

タイ バンコク Charoen Nakhon Road, アナンタラ リバーサイド バンコクリゾート

PM 11:55

タイ バンコク Charoen Nakhon Road, アナンタラ リバーサイド バンコクリゾート

主人がアニバーサリープランをサプライズで申し込んでくれていたようでお部屋が可愛らしくデコレーションされていました。

息子の為にホテルでのんびりする時間をメインにしたかったので、お部屋はリバーフロントのバルコニー付きを選択。

ダークブラウンを基調としたシックで上品なタイ様式のインテリアに大理石の広いバスタブ、スパリゾートならではの爽やかなアロマミントの香りがステキなソープ達♡

長旅に疲れたのでおやすみなさいzzz

タイ バンコク Charoen Nakhon Road, アナンタラ リバーサイド バンコクリゾート

前の日

次の日

Lisa

主婦

ワシントンDC在住。 アメリカ駐在は2回目で、新婚時代を過ごしたニューヨークのマンハッタンは結婚生活の原点なので私にとっての特別な場所です。 現在、一児の子育て中。 子どもには小さな頃から素晴らしい景色を見て、多様な世界に触れて欲しいと思っています。 子どもがいると大変さから色々な事を諦めがちですが、小さな子連れでもママも子どもも旅行を楽しめることをお伝えしたいです。