2019-03-03 〜 2019-03-10

8日間でモロッコを周遊するならこのルート♡リヤドもカフェもお土産も、フォトジェニック集めの旅

今回はエミレーツ航空を使って
ドバイでストップオーバーからのモロッコへ♡
(ドバイの記事はまた書くのでお楽しみに◎)

モロッコは2度目の訪問。
1度目はツアーでの参加でした。

モロッコは移動が大変なので、楽に移動したいのであれば断然ツアーがおすすめ。

格安に、そして幅を広げた旅をしたいのであれば個人で行くのをおすすめします◎

でもモロッコは、個人旅行で行くにはまだまだ情報が少なく調べるのに苦戦…!

今後モロッコ旅を計画している方の参考になりますように♩

[DAY1]
ドバイ〔✈︎〕→ムハンマド5世空港〔✈︎〕→テトゥアン空港
テトゥアン泊

[DAY2]
テトゥアン〔バス〕→シャウエン〔バス〕→フェズへ
フェズ泊

[DAY3]
フェズ
フェズ〔バス〕→ハシラビード(砂漠)
車中泊

[DAY4]
砂漠
ハシラビード泊

[DAY5]
ハシラビード(砂漠)〔バス〕→マラケシュ
マラケシュ泊

[DAY6]
マラケシュ
マラケシュ泊

[DAY7]
マラケシュ〔電車〕→ムハンマド5世空港→〔✈︎〕ドバイ国際空港
機内泊

[DAY8]
ドバイ国際空港〔✈︎〕→日本へ帰国

(ドバイからモロッコだと8日間のプランですが
日本からそのままモロッコへ行く行程だと9日間のプランになります。)

#中東・アフリカ
#モロッコ
#モロッコ
#女子旅
#ひとり旅
#リーズナブル
#絶景
#世界遺産・遺跡
#グルメ
#ホテル

kana

トラベルフォトライター

目の前のわくわくする瞬間を切り取って表現することが好き◎ その名も"フォトジェニック案内人"笑。 地元金沢でフォトジェニック講師やフォトジェニックスポットを紹介するテレビ出演も経験。 金沢在住ながら東京と行き来しながら、トラベルフォトライター、エディターとして活動中。 自分のわくわくが、次は誰かのわくわくに繋がりますように。

AM 08:00

DAR ANEBAR

リアドの朝食はパンが中心。
そしてかかせないのがミントティー♡
朝からほっこりです。

DAR ANEBAR

AM 10:15

Fes

当初では、個人でフェズを回ろうとしていた私たち。
昨夜リヤドに到着したなりに、フェズ案内ツアーがあるけどどう?と聞かれました。
確かにフェズは迷路の街。
個人で行くと迷子になりそうと思いツアーに参加することにしました。

日本語ツアーと英語ツアーがあるとのことでしたが、当日申し込んだこともあって予約できるのは英語のツアーのみ。
さらにガイドが足りないとのことで、同じリヤドに泊まっていた女の子たちと合同でのツアー参加になりました。

通常このリヤドで英語ツアーを予約すると1グループ400DHだそうですが、今回は合同ということもあり300DH(3,500円)に割引してくれました♪

Fes

AM 10:30

Zaouia de Moulay Idriss

まず最初に案内してもらったのは「ムーレイ イドリス廟」。
フェズの旧市街(メディナ)を建設したスルタン、ムーレイ・イドリス2世のお墓だそう。イスラム教徒以外は中に入れないので、建物外から見学です。

Zaouia de Moulay Idriss

AM 10:45

Cherratine Medersa

このマドラサ ( 神学校) は、かつてはイスラム教のコーランを教えていた神学校だったそう。観光客も入場することができ、2階にあがって撮影することもできます◎

入場料:20DH

Cherratine Medersa

AM 11:30

tannerie

フェズの代名詞とも言える「タンネリ」へ。
牛や羊、ラクダなどの皮を染めている工場です。
本物の動物から作られているため、タンネリは物凄い異臭を放っています。
タンネリで最初に必ず渡されるミントは、その異臭を誤魔化すためのもの。

タンネリでは手作業でバックやバブーシュなどの革製品が作られています。

タンネリ見学後は併設されている革製品のお店へ。
ここでプフを値切りに値切って1200DHから400DHで購入することに成功♡
ガイドさんも一緒に一生懸命値下げの手伝いをしてくれました♪

tannerie

PM 12:30

fez

その後、アルガンオイルのお店に連れていってもらったり、カラウィーンモスク(イスラム教徒以外立入禁止)の外見見学に。

途中、サボテンの実を試食させてもらいました!甘くておいしかったのですが、スイカのように種がたくさんあるのが残念…。

fez

PM 01:15

fez

同行していた女の子たちがジェラバ(モロッコの民族衣装)を欲しいということ、お土産屋さんへ。
最初に見ていたお店が高めな設定だったので、もう少し安いお店に連れていってもらうことに。
最初に見ていたお店では80DHだと言われていたジェラバがを、次のお店で50DHで購入◎
ジェラバはひとりひとりにあったサイズに手直ししてもらます。

私は砂漠用にヒジャブ(イスラム教の女性が髪の毛を隠すストール)を購入しました◎

fez

PM 02:00

Restaurant Asmae

おすすめのランチのお店に連れてきてもらいました。
3つメインを選ぶことができ、
ケパブ、バスティラ、野菜タジンをオーダー。
最初にでてきた前菜?なるものも
種類豊富で美味しかったです。

値段はモロッコでは高めの1人105DH(1,200円)。

Restaurant Asmae

PM 04:00

Art Naji

フェズ旧市街から少し離れた場所にある「Art Naji」。
離れているのでガイドの友人の車で移動しました。
ここはセラミック工場で、モザイクタイルの作業工程や陶器工房を見学することができます。
ここは、以前のツアーで来た際に訪れていた場所。

タイル好きにはたまらない、素敵なタイル作品や売り物がたくさん並んでいます♡

Art Naji

PM 05:00

DAR ANEBAR

次のバスの時間までは、リヤドで撮影タイム♩
リヤドといえばかわいい中庭が特徴的♡
かわいすぎる、この空間にシャッターが止まりません!笑

屋上にあがると、フェズ全体の景色を見ることができます◎

DAR ANEBAR

PM 06:00

スープラトゥール

スープラトゥールはCTMと並ぶ、モロッコの中でも大きなバス会社。

CTMは日本からも事前予約できますが、スープラトゥールは日本からの事前予約ができません。

チケットがなくなることも予想されるので現地では早めに取得しておくと安心です◎

この日はスープラトゥールで車中泊。
メルズーガに向かいます。

※メルズーガ行きのバスはスープラトゥールのみです(CTMはありません。)

スープラトゥール

前の日

次の日

kana

トラベルフォトライター

目の前のわくわくする瞬間を切り取って表現することが好き◎ その名も"フォトジェニック案内人"笑。 地元金沢でフォトジェニック講師やフォトジェニックスポットを紹介するテレビ出演も経験。 金沢在住ながら東京と行き来しながら、トラベルフォトライター、エディターとして活動中。 自分のわくわくが、次は誰かのわくわくに繋がりますように。