2019-03-03 〜 2019-03-10

8日間でモロッコを周遊するならこのルート♡リヤドもカフェもお土産も、フォトジェニック集めの旅

今回はエミレーツ航空を使って
ドバイでストップオーバーからのモロッコへ♡
(ドバイの記事はまた書くのでお楽しみに◎)

モロッコは2度目の訪問。
1度目はツアーでの参加でした。

モロッコは移動が大変なので、楽に移動したいのであれば断然ツアーがおすすめ。

格安に、そして幅を広げた旅をしたいのであれば個人で行くのをおすすめします◎

でもモロッコは、個人旅行で行くにはまだまだ情報が少なく調べるのに苦戦…!

今後モロッコ旅を計画している方の参考になりますように♩

[DAY1]
ドバイ〔✈︎〕→ムハンマド5世空港〔✈︎〕→テトゥアン空港
テトゥアン泊

[DAY2]
テトゥアン〔バス〕→シャウエン〔バス〕→フェズへ
フェズ泊

[DAY3]
フェズ
フェズ〔バス〕→ハシラビード(砂漠)
車中泊

[DAY4]
砂漠
ハシラビード泊

[DAY5]
ハシラビード(砂漠)〔バス〕→マラケシュ
マラケシュ泊

[DAY6]
マラケシュ
マラケシュ泊

[DAY7]
マラケシュ〔電車〕→ムハンマド5世空港→〔✈︎〕ドバイ国際空港
機内泊

[DAY8]
ドバイ国際空港〔✈︎〕→日本へ帰国

(ドバイからモロッコだと8日間のプランですが
日本からそのままモロッコへ行く行程だと9日間のプランになります。)

#中東・アフリカ
#モロッコ
#モロッコ
#女子旅
#ひとり旅
#リーズナブル
#絶景
#世界遺産・遺跡
#グルメ
#ホテル

kana

トラベルフォトライター

目の前のわくわくする瞬間を切り取って表現することが好き◎ その名も"フォトジェニック案内人"笑。 地元金沢でフォトジェニック講師やフォトジェニックスポットを紹介するテレビ出演も経験。 金沢在住ながら東京と行き来しながら、トラベルフォトライター、エディターとして活動中。 自分のわくわくが、次は誰かのわくわくに繋がりますように。

AM 05:00

CTM TETOUAN

ホテルから歩いて10分程の場所にあるCTMのバス停。
10分程で着きますが、前日歩いてみてデコボコ道や坂がしんどかったため、タクシーでバス停まで行きました。

CTMのチケットはアプリで事前予約済。
携帯の画面を見せて手続きしてもらいます。
キャリーなどの荷物は別料金です。

CTM TETOUAN

AM 06:15

CTM Chefchaouen ستيام شفشاون

1時間ちょっとでシャウエンに到着。
早朝からシャウエンを楽しめるので、昨日のうちに移動しておいて正解でした◎

シャウエンでは宿泊しないので、キャリーバックは預けたいところ…!
シャウエンのバス停には荷物預かり所があるのですが、オープンは9時からで早朝は閉まっていました。

CTMのスタッフに夜まで荷物を預けたいとお願いしても首を振られるばかり…泣

そんなこんなで途方に暮れていると
見ていた優しいおじさんが
とりあえずバスの事務所で預かっておくよ!
と言ってくれ、事務所で預かってもらうことができました。

CTMのバス停は新市街にあるため、青い街並みのある旧市街へはタクシーで向かいました。

MEMO:荷物預かり 一個につき10DH
タクシー:約5分 10DH

CTM Chefchaouen ستيام شفشاون

AM 07:15

Chefchaouen

暗かったシャウエンも7時半には明るくなってきました。
旧市街に着いてまず向かったのは、シャウエンでも1番有名なカラフルなバケツのある場所。
大人気フォトスポットで込み合うのため、早朝に訪れるのがおすすめ◎

そのあとぶらぶら歩いていると、揚げドーナッツ屋さんを発見!
地元民にも大人気らしく、購入して行く人がたくさん!
朝ご飯も食べていなかったためドーナッツを食べることに。
サクサクふわふわで病みつきになりそうな味と食感でした♡
ドーナッツ1個1DH(12円)でこのクオリティとはすごい!

Chefchaouen

AM 10:15

Al Janah Al Akhdar

シャウエン旧市街の中心にあるハマム広場には、お土産屋さんやレストランがたくさん集まっています。

まだまだお腹が空いていた私たちは、レストランを探していると、「絶景だから入ってみない?」と声をかけられたので入ってみることに。
あまり期待はしていなかったのですが、案内された場所は思っていた以上に青色の絶景が♡

クスクス(40DH)とチーズオムレツ(20DH)とジュースをオーダーしました。
このボリュームで1人500円くらいというコスパの良さにも感動♡

Al Janah Al Akhdar

PM 01:00

Chefchaouen

シャウエンで唯一(?)有料のフォトスポットを発見!
一般の民家をフォトスポットに開放しているようで、1人5DH(60円)で撮影することができます。
場所がわかりにくいので、行かれる方はこのGoogleマップのスクリーンショットを参考にしてみてください♪

Chefchaouen

PM 01:30

Lala Mesouda

喉が渇いたのでカフェへ。
シャウエンぽくはないけれど、エキゾチックな雰囲気が◎

Lala Mesouda

PM 03:00

La Botica De La Abuela De Aladdin

ディスプレイの仕方がとても面白く、かわいいお店を発見したので入ってみることに。
「香り」専門店のお店らしく、練り香水や石鹸、アルガンオイルなどが揃っていました。

私はアルガンオイルのヘビーユーザーのため、アルガンオイルに興味津々!
いろんな香りのアルガンオイルが売っていて迷いに迷いました…。
悩んだ結果購入したのが、ジャスミンの香りとMileRoseという香水っぽい香り。

購入する意思を伝えると、ポプリを入れてかわいくラッピングしてくれました♡

La Botica De La Abuela De Aladdin

PM 04:30

aladin restaurant

先ほどの香りのお店と姉妹店である「アラジンレストラン」。
もともと行きたいカフェだったために、姉妹店だと知りびっくり!

カフェは、カフェの名前ごとく「アラジン」という言葉がぴったり!
宮殿モチーフのデザインがたくさんあってわくわくが止まらない♡
カフェの屋上からは、シャウエンの青色の絶景を見下ろすことができます♪

aladin restaurant

PM 06:00

CTM Chefchaouen ستيام شفشاون

帰りは、旧市街からバス停のある新市街まで歩いて行くことに。
バス停までは徒歩20分ほど。
旧市街とはまた違った街並みを楽しみながらバス停を目指します。

シャウエン⇄フェズのCTMのバスは人気路線で満席になりやすので、早めの予約がおすすめです◎

CTM Chefchaouen ستيام شفشاون

PM 10:00

Fes

シャウエンからCTMで4時間、フェズに到着です。
フェズは迷宮の都市とも呼ばれており、その道の数はなんと9000通り!
Googleマップに記載されていない道も多数なので、迷ったら自力で目的地にたどり着くのは困難と言われています。

Fes

PM 10:15

DAR ANEBAR

モロッコに来て、初めてのリヤド宿泊。
リヤドは細い道の奥にあることが多い、かつ、多数あるためタクシーの運転手がわからないことが多いです。
そのため、リヤドに連絡して迎えに来てもらうのをおすすめします◎

この日は疲れていたので早めの就寝。

DAR ANEBAR

前の日

次の日

kana

トラベルフォトライター

目の前のわくわくする瞬間を切り取って表現することが好き◎ その名も"フォトジェニック案内人"笑。 地元金沢でフォトジェニック講師やフォトジェニックスポットを紹介するテレビ出演も経験。 金沢在住ながら東京と行き来しながら、トラベルフォトライター、エディターとして活動中。 自分のわくわくが、次は誰かのわくわくに繋がりますように。