kana

2019.03.03 〜 2019.03.10

8日間でモロッコを周遊するならこのルート♡リヤドもカフェもお土産も、フォトジェニック集めの旅

今回はエミレーツ航空を使って
ドバイでストップオーバーからのモロッコへ♡
(ドバイの記事はまた書くのでお楽しみに◎)

モロッコは2度目の訪問。
1度目はツアーでの参加でした。

モロッコは移動が大変なので、楽に移動したいのであれば断然ツアーがおすすめ。

格安に、そして幅を広げた旅をしたいのであれば個人で行くのをおすすめします◎

でもモロッコは、個人旅行で行くにはまだまだ情報が少なく調べるのに苦戦…!

今後モロッコ旅を計画している方の参考になりますように♩

[DAY1]
ドバイ〔✈︎〕→ムハンマド5世空港〔✈︎〕→テトゥアン空港
テトゥアン泊

[DAY2]
テトゥアン〔バス〕→シャウエン〔バス〕→フェズへ
フェズ泊

[DAY3]
フェズ
フェズ〔バス〕→ハシラビード(砂漠)
車中泊

[DAY4]
砂漠
ハシラビード泊

[DAY5]
ハシラビード(砂漠)〔バス〕→マラケシュ
マラケシュ泊

[DAY6]
マラケシュ
マラケシュ泊

[DAY7]
マラケシュ〔電車〕→ムハンマド5世空港→〔✈︎〕ドバイ国際空港
機内泊

[DAY8]
ドバイ国際空港〔✈︎〕→日本へ帰国

(ドバイからモロッコだと8日間のプランですが
日本からそのままモロッコへ行く行程だと9日間のプランになります。)

LINEで送る
AM 07:30
 Dubai International Airport

今回のフライトはエミレーツ航空で✈

エミレーツのストップオーバーを使ってドバイ滞在した後に
ドバイからカサブランカに向かいました。

エミレーツ航空は機内食も美味しいし
エンターテインメントも豊富♡
映画やテレビのチャンネルがなんと3500以上もあるんです!
20MBまでWiFiも無料だから快適に空の旅ができちゃうのが嬉しい♡

※ストップオーバーとは…
乗り継ぎ地で一度入国して数日間の観光をした後に最終目的地へ向かうこと

 Dubai International Airport
CLIP
PM 13:15
 Casablanca Mohammed V International Airport

カサブランカにあるムハンマド5世空港に到着です。
ここで一旦入国手続きをし、国内線のゲートへ移動。

今回は限られた旅行期間の中で「行きたい都市には全部行きたい」という、わがままを叶えたかったため、旅のプランニングにかなりの時間をかけました。

その中でも重要ポイントがここ。
初日に飛行機でテトゥアンに移動してしまうこと。
飛行機は他の交通機関よりは少し値がはりますが、移動時間が短縮できます。

翌日のシャウエン滞在を長くとりたかったので、ロイヤルエアモロッコで、カサブランカからテトゥアンへ移動しました。

 Casablanca Mohammed V International Airport
CLIP
PM 18:45
 Aéroport de Tétouan

テトゥアンに到着。
予約サイトからホテルへ迎えの連絡を送っていましたが、人手が足りないのか迎えに行けないとのこと。

空港前にいるタクシーでホテルへ向かいました。
(タクシーの料金は事前交渉しました。)

MEMO:タクシー代100DH

 Aéroport de Tétouan
CLIP
PM 19:30
 Hôtel Marina

ホテルに到着です。
このホテルを選んだ理由は、翌日に乗るCTM(バス)のバス停に近かったから。
格安で立地がよいのは嬉しい◎

お部屋も広く(なぜかベットが3つ)て、スタッフの方も親切で快適でした。

 Hôtel Marina
CLIP
PM 20:00
 Souk Al Gharssa Lakbira

テトゥアンは旧市街が世界遺産。
白い街並みがとても綺麗らしいので、散策したかったのですが、ホテルへ到着した頃には真っ暗。
白い街並みは断念しましたが、少し街を散策してみることに。
まだまだ観光地化されていないテトゥアンはローカルな雰囲気満載!
途中、道に迷って(旧市街は基本迷路でマップに載っていない細い道がたくさんあります)、焦りましたが、大通りを目指してなんとかホテル近くまで行けました。

 Souk Al Gharssa Lakbira
CLIP
PM 20:15
 Ifkaym café

ホテルの横にカフェがあったので、こちらで夕食タイム♩
観光地化されていないテトゥアンでは、
英語がなかなか通じない…
英語のメニューもなく、あるのはアラビア語とスペイン語のみ。
翻訳機能を使って、なんとか注文できました!

 Ifkaym café
CLIP
LINEで送る

kana

目の前のわくわくする瞬間を切り取って表現することが好き◎ その名も"フォトジェニック案内人"笑。 地元金沢でフォトジェニック講師やフォトジェニックスポットを紹介するテレビ出演も経験。 金沢在住ながら東京と行き来しながら活動中。 自分のわくわくが、次は誰かのわくわくに繋がりますように。

>他のCOLLECTIONを見る