Mii

2018.09.30 〜 2018.10.03

女性が主役になれる街【Venice】4日間!地元で愛される「美食」を巡るイタリア旅

私にとって、初めてのイタリア。美しい景色と食をたっぷりと満喫してきました。

・ゴンドラが浮かぶ海。
・どこからともなく聞こえてくる生演奏。
・陽気な人々との出会い。

車を使わない生活が新鮮で、好奇心のまま船に乗ったり、小さな路地に迷い込んだり...。

今回の旅は、イタリア発祥の美味しい食べ物を巡り、映画のワンシーンにたくさん出会えた旅になりました。

LINEで送る
AM 09:00
 Venice Airport, Venice (Airport - ATVO Stop)

朝6時頃、マルタ島を出発しCataniaでトランジット。

9時には空港に初上陸、Veniceに到着!
今回到着ゲートをくぐり向かう先は‥.Water transport‼︎ 

私にとっては初めてのボートでのお出迎え。
ドキドキしながら、ホテルからの専用ボートに乗り込みます。

 Venice Airport, Venice (Airport - ATVO Stop)
CLIP
AM 09:30
 LaGare Venezia MGallery Hotel by Sofitel

今回の滞在先はVeniceサイドではなくMurano島にあるホテル。

Murano島はガラス細工が有名な小さな島です。
荷物を置き、チェックインまで時間があったので周辺を散策。

散策しているとガラス工房やお土産やさんのショーウィンドウに、素敵なガラス作品が展示されているのを発見。

アクセサリーやグラス、置き物など見ているだけで気分があがる美しいものばかりでした。

 LaGare Venezia MGallery Hotel by Sofitel
CLIP
AM 10:30
 Ristorante Da Tanduo

まだ開いているお店が少なく近くにあったお店に入ってみることに。

ショーケースには魅力的なCrostiniがずらり。
お隣には優雅な時間を過ごすマダム達。
新鮮なイタリア語を耳に入れながら、カフェラテと軽食でお腹を満たし行動開始。

▼Da Tanduo
http://ristadvisor.it/Province_of_Venice_Veneto/Da-Tanduo_Murano.html#nbb

 Ristorante Da Tanduo
CLIP
AM 11:00
 Venice

ホテルの送迎を使いVeniceへ。

公共の水上バス「ヴァポレット」も数分おきに出ているので不便なく離島と行き来ができます。
7.5ユーロで分間乗船できるシステム。

乗り場は様々なところにあるのでホテルでマップをもらっておくのがおすすめ。

船を降りてさっそく狭い路地に入り込み、迷路のような道を進みます。

 Venice
CLIP
PM 12:30
 Ristorante Vecia Cavana

まず目的にして向かったのはこちらのレストラン。
地元の方々にも愛されていて、ある日本人観光客の方が滞在中何度も通ったとの書き込みを見て気になり訪れました。

店内はアットホームな感じで店員さんもユーモア溢れる接客をしてくれます。

渡されたメニューを見るとそこには値段が載っておらず、すごくお高いお店なのかなとそわそわしながらパートナーに尋ねるとパートナーの方にはしっかりと値段が載ってました。

そう!
女性には「金額なし」のメニューが渡されるんです。
これには驚き。
なんだか特別扱いされているようで嬉しくなりますよね。

▼a La Vecia Cavana
http://veciacavana.marsillifamiglia.it/en/

 Ristorante Vecia Cavana
CLIP
PM 14:00
 Piazza San Marco

お腹を満たした後はサンマルコ広場へ。

平日でも様々な国からの観光客で大変賑わっていました。
雲ひとつない青空に白い建物がとてもよく映えます。

 Piazza San Marco
CLIP
PM 14:00
 St Mark's Campanile

広場まできたらVeniceで最も高い鐘楼へ。
入場料は大人8ユーロ、子ども4ユーロです。

展望エリアはそれほど大きくないので、規定人数があり人が多いと入るまでに少し待たなければいけません。

混雑を避けるのと、ベネチア運河をバックにサンマルコ寺院側を撮影するなら、早めの時間(9時〜11時頃)が狙い目。

展望階からは360度の街並みが一望できます。
茶色い屋根が立ち並びたまに顔を出している白い寺院。
運河の水面はキラキラと輝いてとても綺麗です。

 St Mark's Campanile
CLIP
PM 14:00
 Venice

とっても快晴だったのでゴンドラに乗って周遊してみることに。

最近ではゴンドラの公式料金が下記のように決められているみたい。
昼間は30分80ユーロ(6人まで乗車可、20分延長ごとに40ユーロ)
夜間は100ユーロ(19〜20時 / 6人まで、20分延長ごとに50ユーロ)

お安く乗りたければ相乗りがおすすめ。
観光シーズンは乗り場がごった返していることもあるので、ネットでの事前予約かホテルに頼んで予約してもらうとスムーズです。

私達はまず土地勘を掴むことと主要エリアの景観を眺めたかったのでHOTELダニエリ前のゴンドラ乗り場から乗車♪

 Venice
CLIP
PM 14:30
 Venice

露店でゲットした仮面をつけ優雅なゴンドラの旅を楽しみます。

ホテルの裏側や住民の方の姿が垣間見えて楽しい。
ゴンドラ乗船の際は少し不安定で、小さな子どもが落ちないか不安でしたが、ゴンドリエーレの方がバランスを取ってくれ楽しむことができました。

 Venice
CLIP
PM 15:30
 Venice

街を散策しながらある目的の場所へ。

 Venice
CLIP
PM 16:00
 Suso

イタリアといえばジェラート。
(ここでは食べておかないと!)

近年ではイタリア人1人あたりのジェラート消費量は、年間12kgとも言われているのだそう。

VENICEにはもちろん有名なジャラート専門店「ジェラテリア」がいくつもありますが今回はVENICE発祥、比較的新しめのSUSOへ。

こちら日本にも上陸しましたがまだ行ったことがないので本場で。
すごくわかりづらい路地に小さく佇んでいるのですが多少列が出来ていました。

こちらのジェラート、着色料などは使わずナチュラル素材を心掛けています。
私はヨーグルトとベリー系の2段のものをセレクト。
お味は‥濃厚でとってもおいしい!!

運河に流れていくゴンドラを見送りながらジェラートを堪能しました。

▼SUSO
http://suso.gelatoteca.it/

 Suso
CLIP
PM 17:00
 Murano

疲労が見えてきたのと1日食べていることが多かったので夕食はホテルでゆっくりすることに。

沈んでいく夕日を後に船で戻ります。

 Murano
CLIP
PM 17:30
 Murano

ホテルのすぐ近くにCOOPを発見しちょっと覗いてみることに。

お肉にパン、チーズ、フルーツやお野菜も全て測り売りです。
少し買い物したくなり、ぶどうを握りしめあたふたしていたら優しいマダムが機械の使い方を教えてくれました。

どこの国に行ってもローカルのスーパーは個人的に楽しめるスポットでもあります。

 Murano
CLIP
PM 18:00
 LaGare Venezia MGallery Hotel by Sofitel

今回のお部屋はロフトタイプでとても天井が高く、開放的に過ごせました。

チビくんが階段を登ったり降りたり1人で大興奮。

 LaGare Venezia MGallery Hotel by Sofitel
CLIP
PM 19:30
 LaGare Venezia MGallery Hotel by Sofitel

ホテルのレストランで軽食を取り明日に備えて就寝。
ホテルのレストランは小さいけど暗めの照明が落ち着いた大人の時間を演出してくれていました。

 LaGare Venezia MGallery Hotel by Sofitel
CLIP
LINEで送る

Mii

都内でDJやバルーンデコレーションをしていました。 今はインドで駐在生活をしています。 拠点がインドになった事で、日本にいる時には行くのが難しかった国へチャレンジしてみたいです。 みなさんと旅情報を共有できるのが楽しみです♡ ◆過去のTRIP◆ Australia Hongkong Macau Thailand (Bangkok Phuket) LA Maldives Vietnam Guam India Bali Hawaii Sri Lanka Singapore Dubai Greece (Mykonos Santorini) Malta Venice

>他のCOLLECTIONを見る