2019-01-02 〜 2019-01-08

週末を利用したプチバカンス!まだ知られざるニューカレドニア『イルデパン島』

2019年の幕開け。
新年のスタートを飾る旅行は、暖かい南の島を求めて、ニューカレドニアに決定!

今回私が訪れた南太平洋の宝石箱と呼ばれる離島、『イルデパン島』の魅力をお伝えします♪
ニューカレドニアは実はとっても簡単・リーズナブルに個人旅行で行けちゃうんです。
まとまったお休みがなかなか取れないOLさんにも、プチバカンスにおすすめしたい国。

今回のコレクションでは、私が旅をした7日間、ニューカレドニアの個人旅行のアドバイスと、のどかで美しい島の景色をご紹介します♩

#オセアニア・ミクロネシア
#ニューカレドニア
#ニューカレドニア
#女子旅
#カップル・夫婦
#子供連れ
#ハネムーン
#リゾート
#絶景
#グルメ
#ホテル

Yuico

OL/トラベルフォトグラファー

はじめまして、yuicoです。学生時代にフランスに留学し、ヨーロッパが大好きに。いつか再び海外で暮らすことを夢見て働くOLです。 特に好きなのは、ヨーロッパの海辺の街。 自分の足で憧れの地を訪ね、 夢のような景色を写真におさめることが、 1番の旅の楽しみです。 コレクションを通じて、私が感じた感動をシェアできるとうれしいです。

AM 11:00

Narita International Airport

ニューカレドニアの首都ヌメアまでは、直行便で8時間。ハワイよりも近いんです。

時差は2時間で時差ボケもなし!
この気軽さは、魅力的ではないですか?♡

ハイビスカス柄のエアカランの飛行機で、バカンス気分が高まります。

時期によってとってもお得になっているので、まずはリーズナブルな航空券をゲットしちゃいましょう♩

Narita International Airport

AM 11:30

Narita International Airport

ニューカレドニアにはどんなイメージをお持ちですか?

・ハネムーンで人気の高級リゾート
・ツアーでないと行きにくい
・天国のような海!
というイメージでした。

実際に行って分かったのは、
・ナチュラルでのどかな雰囲気が魅力のリゾート
・個人手配でリーズナブルに行ける!
・離島に行かないと『天国に一番近い島』の景色が見れない!

ということ。

ハネムーンで有名なだけあり、
離島を含めたツアー料金の設定はお高め。

今回調べてみると、日本語で簡単に個人手配できそう♪離島を含めたプランでも、個人で全く問題なく行けそう◎
嬉しい発見です。

そして、大事な離島選び!

首都ヌメアはイメージするよりも都会で、天国のような海が広がる景色は、離島に行かないとみることができません。どの離島もそれぞれ素敵ですが、私が最初の旅先に選んだのは、『イルデパン島』。

どんな景色が待っているか、飛行機の中からワクワクが止まりません♩

Narita International Airport

PM 10:30

La Tontouta International Airport

お昼に日本を出て、同日22時頃ヌメアに到着。

とっても治安のいい国なので、
夜中の空港も明るく、人が多くて安全。

さらにニューカレドニアは驚くほど日本人に優しく、空港も日本語で案内が書かれています。

空港からの送迎については、
こんな素敵なサイトを発見↓
『ニューカレドニアオプショナルセンター』
http://www.newcaledonia-optionaltours.jp/home/

観光局のHPに載っていた会社なので、
安心して依頼できました。
滞在中、24時間メール・電話対応してくださり、
とっても親切にして下さったので、
行かれる方はぜひ利用してみてください。

送迎車に乗って、ホテルまで40分ほど。
この日は翌朝に備えて、即就寝です。
おやすみなさい。。*

La Tontouta International Airport

前の日

次の日

Yuico

OL/トラベルフォトグラファー

はじめまして、yuicoです。学生時代にフランスに留学し、ヨーロッパが大好きに。いつか再び海外で暮らすことを夢見て働くOLです。 特に好きなのは、ヨーロッパの海辺の街。 自分の足で憧れの地を訪ね、 夢のような景色を写真におさめることが、 1番の旅の楽しみです。 コレクションを通じて、私が感じた感動をシェアできるとうれしいです。