AM 09:00
 Naschmarkt

2日目の朝、まず向かったのは、「ウィーンの胃袋」と言われている市場「ナッシュマルクト」。
「胃袋」と言われているだけあって、その名のごとくありとあらゆる食材がある。
ここは見ているだけでワクワクし、ウィーンのリアルな食生活の一部を垣間見ることができました。
試食をさせてもらった唐辛子にチーズが入ったものが、とんでもなく美味しかった!
活気に溢れたあの空気感を実感してもらいたいから、1回は朝食がてら訪れることオススメ。
ちなみに、市場なので夕方には閉まり日曜日はお休みです。

そして、出来れば現地ガイドの手配をしておくのがベスト!
私はよく旅先で現地ガイドをお願いしているのですが、ガイドさんが一緒だと安心だし、わからないことをもすぐに聞けるので、旅が倍以上楽しくなります。

今回ガイドしてくれたのはウィーン在住のカリンさん。
日本語ペラペラですっ!

 Naschmarkt
CLIP
AM 10:00
 Naschmarkt

土曜日だったこの日は、活気溢れるナッシュマルクトの市場を抜けると、蚤の市が開催されていました!
やったっっっ‼
ウィーンのヴィンテージショップに行きたい‼︎と思っていたから嬉しい‼︎
市場もそうですが、その土地の蚤の市に足を運ぶと、住んでいる人たちのリアルを感じることができます。
これ、旅の醍醐味!
素敵なヴィンテージアイテムに出会えるチャンスもあるから、ウィーンに行くなら週末を挟むスケジュールが◎

そしてもう一つ嬉しかったのが、ウィーンに行くと決まってから見てみたいと思っていた、オーストリアの有名建築家ワーグナーの代表作が蚤の市から見れたの‼
思わず声を上げ、すかさず写真を撮りました。

上から三番目の写真に映る右側のカラフルな建物が、ワーグナーが建てた集合住宅「マジョリカハウス」。
白い建物の隣にあるからか、よりカラフルで可愛く見えます。
壁一面が花柄のマンションなんて、今見ても斬新に見えるのに、これを119年前に建てたなんて…。
天才は時空を簡単に超えてくるんだなぁ。と、ただただ驚きました。

そして蚤の市が行われている場所にある「カールスプラッツ駅」の駅舎も、ワーグナーが建てたものと聞き、市場・蚤の市・ワーグナー建築をいっぺんに味わえた、一石三鳥な朝になりました。

ワーグナー建築のほとんどがウィーンにあるということなので、次回はワーグナー建築巡りをするのも楽しいかも。

 Naschmarkt
CLIP
AM 11:00
 Schönbrunn Palace

一石三鳥を体験してから電車で数分。
ウィーンを代表する観光名所の一つで、世界遺産にも登録されている「シェーンブルン宮殿」に到着!

ここは600年近くオーストリアを統治していたハプスブルク家の離宮。
簡単に言うと別荘です。
しかも夏の間だけの。
到着してこの全貌を見た瞬間、「え、これが別荘⁈ 」と私の中で別荘の概念が壊れました。笑
この豪華絢爛な宮殿で別荘って、、、ハプスブルク家、すごっ。
マリーアントワネットのお母さん、マリーアテレジアがお手伝いさん1,000人を引き連れてよく訪れていたとか。
現在の石油王も仰け反るレベルですね。

この時点で、ハプスブルク家の凄さをひしひしと感じていましたが、宮殿内に入ると、その100倍の実感があります。

6歳のモーツァルトが演奏を披露した部屋もあるんですよ!

残念ながら館内は撮影不可のため、こちらでお写真のシェアはできないのですが、行ったことがある人に出会った時にシェアができる宝物になると思いました。

旅だけではなく、写真で見ただけで行った気になってしまうことは私も多々あるのですが、実際に見て感じたことは言葉にした時の重みが違うと思います。
この積み重ねが人生をより深いものにするのかな。

 Schönbrunn Palace
CLIP
PM 12:00
 Schönbrunn Palace

シェーンブルン宮殿を堪能した後、宮殿内にあるバス停から可愛い黄色のバスで向かった先は、宮殿を見下ろすことができる丘「グロリエッテ」にある神殿。

この神殿にマリーアテレジアはお茶をしに来ていたらしいのですが、現在は実際にカフェとして使われています。

ウィーンはカフェ文化が根付いていると言われていますが、ここは「ウィーンの元祖カフェ」と言っても過言じゃないかも!(勝手な予測)

あまりに素敵な場所だったので、記念撮影を。
この日は宮殿や神殿といった歴史的建造物を見に行く予定だったので、背景に馴染むようにオールホワイトの装いで。
行く先々の雰囲気に合わせたスタイリングを考えるのも楽しい!

 Schönbrunn Palace
CLIP
PM 13:00
 Landtmann's Jausen Station

「シェーンブルン宮殿」の庭園内にある可愛いレストラン「Landtmann's Jausen Station」でランチ!
ここは宮殿や神殿の観光を終えたその足で歩いて行けるカフェ。
立地もいいし、雰囲気も素敵だから人気があるのかと思いきや、それだけじゃない!
注文した全てのオーストリア料理が美味しかった!

私は基本和食が好きなので、旅先では日本食がすぐに恋しくなるのですが、オーストリアは違った。
いただいた全てのお食事が美味しかった!
保険で持参していた日本食のレトルトに手を出さなかったのは初で、私的にはかなり凄いこと。

 Landtmann's Jausen Station
CLIP
PM 14:00
 Stephansplatz

写真は全てウィーン1区にある有名な観光名所。
「シュテファン大聖堂」に「ウィーン国立歌劇(昼と夜の顔がこんなにも違うから絶対2回訪れて欲しい)」。
世界一美しいと言われている「ウィーン国立図書館」、ウィーン国立歌劇を眺めている場所は「アルベルティーナ美術館」」です。
しかもそれぞれ全て徒歩5分圏内という近距離。

こんなにたくさんの歴史的建造物が集合しているって凄いなぁ。と思っていたら、実はこの1区、昔は外壁に囲まれていて、1区だけがウィーンだったとガイドさんが教えてくれました。
だから1区に重要な建物が集中して建てられているそうです。
今では23区まであるウィーンですが、なんと1区丸ごと全部が世界遺産登録されているんですって!すごっ!

ウィーンに初めて訪れるなら、なにはともあれ1区へ。
右も左も分からなくても大丈夫!
目に入る建物が既に歴史的建造物の可能性大ですから、まずは足を運びその場で調べても遅くはないくらい1区は観光がしやすい街です。

おまけですが、1区で見つけた信号機。
手を繋ぐ2人の間に♡マークを発見‼
こんな可愛い信号機、初めてみました♡
そして、右上に写るCASINO WIENの看板。
そう、1区にはカジノもあるんです!
行きたい方は必ずパスポートを持参してくださいね。
(私は忘れて入れませんでした。笑)


▽【3日目】観覧車ランチにおしゃれピクニック。ワンランク上の「ウィーン旅」
http://tabi-muse.com/collections/view/877/3

 Stephansplatz
CLIP
LINEで送る

大日方 久美子

アパレル販売の経験を経て 2013年よりパーソナルスタイリストとして独立。独立後に始めたインスタグラムでは、服の値段にかかわらずエレガントでスタイリッシュな着こなしを提案し現在約7万人のフォロアーを持つ。 現在はアパレルブランドのWEBページでスタイリングやモデル、コラボ商品の開発などもおこなっている。 2016年4月に初となる著書 “エレガント”から作る大人シンプルスタイル を発売。目的を決めてから旅先を選ぶスタイルで、サーフィンを目的としたサーフトリップ、アートや歴史を知るヨーロッパトリップ、ライフスタイルを見つめ直すには、アジアやNYへ。

>他のCOLLECTIONを見る