akane

2017.01.07 〜 2017.01.10

シティもリゾートも♡ こだわりホテルで過ごす3泊4日 〜アブダビ&ドバイ女子旅〜

「3連休、『どこか』いきたいね。」
そんな会話があったのは12月の半ば。それから行き先も定まらないまま航空券予約サイトと睨めっこ。

辿りついたのは、3週間後の金曜深夜便発、3泊4日UAE旅行。
アブダビステイを織り込んでも、3連休+有給1日で満喫できちゃいました ♡

気合いを入れてホテル選びをしたところ、1泊目のアブダビではいつだって憧れの《Ritz Carlton》、2泊目は映画『Mission Impossible -Ghost Protocol-』のロケ地にもなったUAE資本のリゾートホテル《Jemeirah Zabeel Salay》、3泊目はフランス資本アコーホテルズの5つ星シティホテル《Sofitel Dubai Downtown》に分泊することに。

アブダビもドバイも、シティもリゾートも。
観光はもちろん、目的地に合わせて厳選したホテルで過ごす時間も大切にした旅です。

LINEで送る
AM 00:15
 Haneda International Airport

1週間の仕事を終えた金曜日。オフィスを飛び出して羽田空港へ。

機内に星空の広がるエミレーツ航空、深夜便にてドバイへ向かます。
3席-4席-3席の飛行機でしたが、後ろの方の2-4-2の2席を指定していたのでゆったり。
約12時間のフライトも、仕事からの解放感&旅のわくわく感であっという間。

離陸前には、こんな幻想的な朝焼けが見られました。

 Haneda International Airport
CLIP
AM 09:00
 Al Forsan

ドバイ空港からタクシーに乗り30分、砂漠のリゾートホテル、バブアルシャムズへ。

ドバイに来たからにはどうしても砂漠が見たい。
でも砂漠のホテルに泊まるには旅程が短い。

悩みに悩んでバブアルシャムズにメールを。
ホテルの「朝食だけでもOK」とのお返事に、アブダビまでの道中に立ち寄ることにしました。

朝食会場であるレストラン、Al Forsanへ着くと、ラクダがお出迎え。
ビッフェ台に並べられた初めてみるお料理に心躍ります♪
飲み物は、キュウリとリンゴのジュースとチャイ。

 Al Forsan
CLIP
AM 10:00
 Bab Al Shams Desert Resort & Spa

お腹を満たし、フロントでタクシーを呼んでもらっている間にホテル散策。
どこを見ても中東らしいフォトジェニックな空間にときめきます ♡

砂漠を眺められるプールは、このリゾートならではの景色。
ずっと広がる砂漠を見ていると、日頃の悩みなんて飛んでいきそう。

不思議だったのが、1月なのに飾られているクリスマスのアイテムたち。
この国ではいつまでクリスマスなのだろう…なんて思いつつも、初めて目にする『中東のクリスマス』に かわいい♡ 以外口から出ません。

 Bab Al Shams Desert Resort & Spa
CLIP
PM 12:00
 The Ritz-Carlton Abu Dhabi, Grand Canal

バブアルシャムズからタクシーで1時間と少しでいよいよアブダビに到着です。
宿泊先のリッツ・カールトンへ直行。

このホテルがあるからアブダビに泊まろう、と思うほど惚れ込んだホテルです。
決して派手な訳ではないけれど、上品かつクラシカルな内装はとても豪華。
アブダビの名所、グランドモスクまでほど近い立地も魅力です。

天井の高いロビーに足を踏み出れると、やっぱりクリスマスツリー!(違和感にはなんだかもう慣れてしまいました)
アラビアコーヒーとデーツをいただきながら、すぐにアーリーチェックインをさせていただき、お部屋へ。

 The Ritz-Carlton Abu Dhabi, Grand Canal
CLIP
PM 12:15
 The Ritz-Carlton Abu Dhabi, Grand Canal

お部屋は上品なインテリアに高い天井が素敵なデラックスルーム。
アブダビもドバイもツインベッドのお部屋がないホテルが多くありましたが、気兼ねなくお部屋でのんびりしたい女子旅には別々のベッド、は譲れませんでした。
ダブルシンクも高ポイント。
ビジネス向けかと思いきや、一気にリゾート気分です♪

バルコニーからはアブダビ一の広さを誇るプールが一望できます。
ホテルの敷地内にあるヴェネチアンヴィレッジも可愛い ♡

 The Ritz-Carlton Abu Dhabi, Grand Canal
CLIP
PM 14:00
 Emirates Palace

ホテル内をのんびりした後はこの旅の目玉、エミレーツパレスへ。
タクシーで20分くらい。UAEはガソリン代が安いので、2人以上であれば電車やバスのようにタクシーを使えるところが◎

そしてついに…SATC2で見た、憧れのホテルがお目見え ♡
ホテルの中にお邪魔したら、一面金色の世界。
ですが写真で見るよりずっと落ち着いた、品のあるゴールドでうっとりする空間が広がっていました。

ぐるっと中を見て歩いたら、お向かいのエティハドタワーへ。

 Emirates Palace
CLIP
PM 14:30
 Observation Deck at 300

Emirates palaceから向かって左から2つめ、エティハドタワー、正式名はJemeirah at etihad towers、ジュメイラグループのホテルです。

目指すはホテルタワーの一角にある展望台、Observation deck at 300。
宿泊者は無料、ビジターは85AEDで入場できます。

エレベータにのって到着すると、絶景とモダンなインテリアが。
なんとこちら、展望台兼ホテルラウンジなんです。
「自由に見て回ってね」なんて言ってもらえるラウンジは人生で初めてで大興奮。
入場券の85AEDのうち、50AEDがこちらで使えるバウチャーになっています。

海が綺麗に見える席を選んだら、私はキッシュ、友人はケーキをオーダー。可愛らしいmocktail =ノンアルコールカクテルも。
絶景のなかのティータイムは、この旅のなかでも忘れられない時間になりました。

展望台といえばドバイのブルジュカリファが有名ですが、予約不要で気軽に訪れることがらできるこちらもとてもおすすめです。

 Observation Deck at 300
CLIP
PM 16:30
 Sheikh Zayed Grand Mosque

エディハドタワーからタクシーで20分ほど。グランドモスクに到着です。
日没1時間程度前のこの時間に訪れたのは、青空、サンセット、日没後、3つの時間帯のモスクをカメラに収めるため。
1時間前でもほんのり黄色かがった青空でしたので、余裕を持ってきて正解でした。

モスクは想像よりもずっと大きくて、美しく、白亜の外壁と青空の美しさにずっとファインダーを覗いていられます。
モスクの中も自由に見学できるようになっていて、中には美しいシャンデリアがいくつも。

見惚れているとあっという間に日没の時間。
そして日没後のライトアップで一気に幻想的な雰囲気に。
見たことのない藍色の空が本当に美しくて、癒されました。

たっぷり2時間滞在しましたが、時間ごとに表情を変えるモスクには全く飽きさせられませんでした。
日没前の時間帯、おすすめです✴︎

 Sheikh Zayed Grand Mosque
CLIP
PM 19:00
 Al Fanar Restaurant & Cafe

夕食はリッツ・カールトン内のアラブ料理レストラン、Al Fanarへ。
まるでテーマパークのアトラクションみたいなエントランスをくぐると、「アラビックスタイルの席でいい?」と店員さん。
え?どんな席??と思うと、絨毯が敷かれたアラビア風お座敷席 ♡
こんなの、トラベラーは好きに決まってます ! るんるんで席へ。

エディハドタワーで大きなキッシュを食べたので、夕食は軽めに、前菜の盛り合わせとレバノン風シチューを。
…と思ったらシチュー、とんでもないボリュームでした。しかもパンが煮込んであるので更にボリューミー。
レバノン料理、味が濃くなくて、日本人の口には合うような気がします。

テーマーパーク風の店内を見ながら、お店を後にしました。

 Al Fanar Restaurant & Cafe
CLIP
PM 20:00
 The Ritz-Carlton Abu Dhabi, Grand Canal

夕食をいただいたレストランがあるヴェネチアンヴィレッジは、その名のとおりアブダビにいることを忘れてしまうような佇まいで、夜景もとっても絵になります。

お風呂にゆっくり入ろう、と思ってお部屋に入ると、目に入ったのはフルーツとチーズのプレート !
ターンダウンサービスにしては豪華すぎる、、と思うとなんと友人が、先日結婚した私にサプライズがしたい、とホテルにお願いしてくれたものでした。感激… ♡
フルーツの他にもマカロンとデーツのスパークリングジュース。

このデーツのジュースはデーツの有名店bateelのものでしたが、りんごがベースでとっても美味しくて ! お土産に家に買って帰りました。

早朝にドバイに到着してからアクティブに動き回った初日。
明日に向けて、寝心地の良いベッドで早めに就寝しました。

 The Ritz-Carlton Abu Dhabi, Grand Canal
CLIP
LINEで送る

akane

はじめまして、akaneです❁東京でOLをしながら、休みを見つけては旅に出かけています。 旅好きな両親のもと幼少期をイギリスで過ごした経験が私の旅好きのルーツ。旅の下調べはしっかりと、だけれども道中は気の赴くままに。自分の足で、自分のペースで、知らない土地を歩くことが大好きです♡ 幼い頃から10回以上訪れたハワイにて、この夏、挙式を予定しています。

>他のCOLLECTIONを見る