Amy

2017.01.07 〜 2017.01.07

ダブリン1Day Trip ✈︎ ギネスビールの本場でオトナの工場見学♡

"世界で最もフレンドリーな国"として有名なアイルランドの首都、ダブリン。

ロンドンからは、飛行機でたったの1時間半という距離。
「これなら日帰りで行けるんじゃ…!?」と急に思い立ち、
パスポート、お財布、スマホの3アイテムだけを持って(ほぼ手ぶらで)
身軽に一日楽しんできました♡

ダブリンの街の人々は皆、評判どおり優しくフレンドリーで、
すれ違いざまに(お互い知らないけれど、)「Hi!」と挨拶を交わすこともしばしば。
街中は、「ザ・ヨーロッパ!」な石畳とレンガの建物が軒を連ねており、
風景のどこを切り取ってもレトロ&おしゃれで、とてもフォトジェニック。
今回のメインテーマである、大人の工場見学では、
ギネスビールの歴史や、原料へのこだわり、製造方法や美味しい飲み方等々を学んできました。(ばっちり試飲も!)

日帰りでしたが、しっかりダブリンの魅力を堪能した旅となりました*

LINEで送る
AM 10:00
 Stansted Airport

今回の旅は、ロンドンのスタンステッド空港から始まります。
アイルランドが誇るLCC、ライアンエアーに乗って約1時間半のフライト。
あっという間にダブリン空港へ到着です!

 Stansted Airport
CLIP
PM 12:00
 Dublin

ダブリン空港から中心街までは、リムジンバスが便利。
Air LinkとAir Coachの2種類あるのですが、今回は、行きはAir Coach、帰りはAir Linkにお世話になりました。
どちらも運行本数が多く、Wifi完備。
さらに、中心街までノンストップなので、時間節約にもなります*

中心街に到着すると、「ザ・ヨーロッパ!」な石畳とレンガ造りの建物たちが迎えてくれました。
風景のどこを切り取ってもレトロ&おしゃれで、何枚写真を撮っても足りないくらい!
アイリッシュパブも多くみられ、夜はさらににぎわいを増すのだろうなぁと思いました。

 Dublin
CLIP
PM 12:45
 Trinity College

アイルランド最古の大学である、トリニティカレッジへ。
ちょっと学生気分に戻って、学内を散策させてもらいました。

1592年創立という歴史のある有名大学でありながら、観光客へも広く開放されており、建物の重厚な美しさはもちろん、丁寧に手入れされた庭は圧巻で、ダブリンの観光名所の一つとなっています。
また、スターウォーズのモデルにもなった図書館は、世界屈指の蔵書数を誇り、"世界で一番美しい本"と言われている「ケルズの書」が収められています。

(ハリーポッターのモデルとなった施設もあるからか、ハリーポッターのテーマ曲を口ずさんでいる人がたくさん!)

 Trinity College
CLIP
PM 13:30
 One Pico

トリニティカレッジの近くにあるお店でランチタイム。
ここOne Picoさんは、今後ミシュラン星が期待できるとの評判のお店。
事前に予約をして、とても楽しみにしていました*

プリフィックスの2コースランチ(前菜+メイン)に、デザートを別でオーダーしました。
前菜のフォアグラのテリーヌは、酸味のあるルバーブと共に。
一緒に提供されたブリオッシュと一緒に食べると、三位一体のおいしさ!
メインのチキンは、胸肉ということを忘れさせるくらい、柔らかくてむっちりジューシー。
キャラメリゼされた玉ねぎのソースが、淡泊な胸肉にぴったりでした。
デザートに選んだカボチャのパンナコッタも、甘さ控えめで美味しかったです♡

*One Pico*
住所:5/6 Molesworth Place, Schoolhouse Lane, Dublin 2
HP:http://www.onepico.com/home.php

 One Pico
CLIP
PM 15:00
 Dublin Castle

ばっちり腹ごしらえした後は、ダブリンの街を少しお散歩。
街並みに溶け込むように建つダブリン城は、イギリス支配時代のシンボル的存在。
よくある尖った塔ではなく、丸くて背が低いのが特徴です。

 Dublin Castle
CLIP
PM 15:30
 St Patrick's Cathedral

アイルランド最大の大聖堂、セント・パトリック大聖堂も見ることができました。
今回は中を見学する時間がなかったので、教会の前にあるセント・パトリック公園から記念撮影だけ。(次回は、絶対見学するぞー!)
公園内の芝生が美しく、ベンチに座ってコーヒーブレイクやちょっとしたピクニックなんてのも素敵だろうなぁと思いました。

 St Patrick's Cathedral
CLIP
PM 16:00
 Guinness Storehouse

ギネス・ストアハウスへ到着しました!

アイルランドは、黒ビールで有名なギネスビールの本場。
250年の歴史を誇るセントジェームスゲート醸造所に併設されたストアハウスでは、ギネスビールの原料へのこだわりや製造過程、歴史、美味しい飲み方等々、これからのビールライフ♡がますます楽しくなるようなTipsを知ることができます。

館内は、ギネスビールに合わせてブラックをメインに、スタイリッシュな造り。
全部で7階建てで、下から巡っていきます*

 Guinness Storehouse
CLIP
PM 17:00
 Guinness Storehouse

入場チケットには、なんと、1杯無料券がついてきます♡

7階のバーでも利用できますが、ここはせっかくなので、6階にある「ギネス・アカデミー」で美味しいギネスの注ぎ方を教えてもらって、自分で注いでみようじゃありませんか!

目からウロコだったのは、ビールを注いだ後、落ち着かせるために2分ほど置いてから、泡を注ぎ入れるという点。
このポイントを抑えることで、きれいな2層に分かれたパイントグラスが出来上がるわけですね*
プロのレクチャーを受け、イメトレも万全。

…だったのですが、泡を入れすぎてしまい、だいぶこぼれてしまいました。。
ビール名人への道はまだまだ遠いようです。

ビールを美味しくいただいた後は、2階のお土産屋さんに立ち寄っておしゃれなエコバッグを記念に購入しました!

 Guinness Storehouse
CLIP
PM 18:15
 Dublin

名残惜しいですが、そろそろ空港へ向かう時間。
最後に、お土産屋さん横にある「GUINNESS」の大型看板にて記念撮影し、ストアハウスを後にしました。

18:00ともなると、外は真っ暗。
道すがら見つけた、アイルランド国旗の色に照らされた駅舎がとても美しかったです*

 Dublin
CLIP
PM 20:00
 Dublin Airport

無事、ダブリン空港へ帰ってきました!
空港内は、まだまだクリスマスモード。
ツリーやリースの飾りつけがかわいかったです♡

帰りもRyan Airでロンドンまでひとっとび!
日帰りの旅でしたが、ダブリンの魅力に虜になった一日でした*

 Dublin Airport
CLIP
LINEで送る

Amy

東京出身。大学卒業後OLを経て、結婚を機に渡米&渡英。現在は、トラベルライターやインフルエンサーとしての活動を軸としています。フットワークの軽さとミーハー度の高さには定評があり、モットーは「思い立ったが吉日」。旅行では、その土地ならではの「食」と「美」を探すのが大好きです。

>他のCOLLECTIONを見る