Sera Sunagawa

2016.08.19 〜 2016.08.23

パリジェンヌのように我が物顔でパリを楽しみ尽くしたい、欲張り女子の5泊6日

楽しみにしていた一ヶ月ヨーロッパ周遊の旅。
最初は実はまだ行ったことのなかったパリから♡
永遠の女の子の憧れ、パリ♡

定番のスポットも抑えたいけど、パリジェンヌになりきって我が物顔でパリを過ごしたい。
どこでも歩いていけるような距離で、気づいたらエッフェル塔が見える!なんてことも。
そんなパリの日常をご紹介します。次の旅行の参考にしていただけたら嬉しいです♩

LINEで送る
PM 13:00
 Palais Garnier

シャルルドゴール空港からロワシーバスで移動して、
オペラ座の前で下車。

パリにきたー!という感動を味わえるスポットです。

 Palais Garnier
CLIP
PM 15:00
 Brentano's

オペラ座のすぐそばに雑貨屋さんを発見。

本やはがき、文房具などがおかれています。
旅行先からはがきを送るのも、旅の楽しみのひとつだけど、いわゆる観光地っぽいはがきじゃなくて、少し凝った洗練されたデザインのはがきがあって、自分用に欲しくなっちゃいます。
種類もたくさんあって何時間でも滞在できちゃいそう♡

わたしは、王道のエッフェル塔のはがきや、フランスならではのMerciのはがきを日常使い用にゲット。
さりげなく、ともだちにお礼を言う時につかいたい、なんて妄想しています。

 Brentano's
CLIP
PM 16:00
 カフェド・ラペ

アフタヌーンティーの時間だったので、
オペラ座の向かいにあるカフェへ。

実はこちら1862年の創業で、オペラ座と同じシャルル・ガルニエの設計なんです。

フランスのカフェにはどれもテラス席があって、大通りすべてカフェでお茶するフランス人で覆い尽くされているほど、おしゃべり好きなフランス人。冬の長いヨーロッパなので、夏の時期の太陽は1年間のご褒美とでもいわんほど、テラス席を好みます。

中の内装も息をのむほど美しいですが、ここは「郷に入っては郷に従う」
ということで外で行き交う人を眺めながら、お茶するのも◎

私が頼んだのはショコラショー(chocolat chaud)。
ホットチョコレートです。
チョコレートとミルクが別々で出てきて、自分好みの濃さにできます。
こっくり甘くて、ほっとする味でした。

この日は疲れていたので、ホテルに帰って荷物を片付けたらすぐ寝てしまいました…。(笑)

 カフェド・ラペ
CLIP
LINEで送る

Sera Sunagawa

はじめまして、すながわせーらです。 学生をしながら、ライフスタイルウェブマガジンNEXTWEEKENDで2年間のインターン。 小さい頃から外国に住むのが憧れで、毎年様々な国へ暮らすように旅する、をテーマに旅行しています。 特にヨーロッパ・アメリカが好き♡ 働く女子が、週末やお休みに楽しめるような旅行をぜひシェアさせてください♡ リアルタイムで更新しているInstagramもぜひチェックしてみてくださいね♩

>他のCOLLECTIONを見る