nobuko

2018.08.03 〜 2018.08.05

定番の観光地と話題のスポットを満喫!上海女子旅

初めて訪れた中国。
英語やネットが思い通りに通じない中国での失敗談も含めて、歴史と近代化が入り混じった刺激的な大都会、上海の初体験レポートです。

LINEで送る
PM 15:00
 Shanghai

中部国際空港セントレアから、中国東方航空で約3時間。
中国、上海に初上陸して、まずはホテルに向かいます。
上海のタクシーはとっても安いのですが、特に空港で捕まえたタクシーはボッタクリ(高い金額を請求されて払わないとトランクから荷物を出してくれない等)が多くて要注意!と聞いていたので、旅行会社が手配してくれる乗り合いバスを利用しました。

 Shanghai
CLIP
PM 17:00
 南翔馒头店

お腹が空いたので早めの夜ご飯。
【南翔饅頭店】はかなり長い歴史をもつ小籠包の老舗。
本店は観光地として有名な豫園(ユィユアン)にありますが、今回はホテルから近い、准海中路(ホワイハイジョンルー)にある支店の方へ。
店内は地元の人たちで賑わっていて、料理は庶民的な価格でボリュームたっぷり!
コク深いスープと餡がぎっしり詰まった食べ応え満点の小籠包を堪能しました!

因みに、「上海は日本語はもちろん英語も通じない。」と聞いてはいたけど、ここでも、ICE、HOT、Waterすら通じなくて愕然!ジェスチャーと指差しで必死に注文しました。笑

 南翔馒头店
CLIP
PM 19:00
 Speak Low

食後は上海のBar巡り。
日本人のバーテンダーが手掛けたお店で、アジアの素敵なBarランキング2位に選ばれたこともある【SPEAK LOW】
小さなバー用品店【OCHO】の奥にある大きな本棚がなんと、このBarの入り口。
本棚をスライドして中に入るという、まさに隠れ家的なBarです。
カクテルは個性で種類も豊富!上海にいるのを忘れるくらい色んな国籍のお客さんがいて、様々な言語が聞こえてくる、とても活気のある、お洒落な空間です。

 Speak Low
CLIP
PM 21:00
 Hyatt on the Bund Hotel

2軒目は、外灘にあるホテル、Hyatt on the bundの32階にあるBar【Vue Bar】へ。

リバーサイドに立地していて、上海の街を360度見渡す事ができるこのBarは、トイレの窓からの景色すら絶景!笑

入場料を払えば宿泊者でなくても利用できます。
高層階から見下ろす上海の夜景は言葉を失うほど圧巻です。

因みに、1軒目のBarからここまではタクシーを使ったのですが、「ハイアット オンザ バンド」が伝わらず、ホテル名を中国語で紙に書いて渡したらようやく理解してもらえるというエピソードも。中国語しか通用しない文化は覚悟していた以上で、その後のタクシー利用時は、毎回目的地を予め中国語で書いて運転手に渡すようにしました。

 Hyatt on the Bund Hotel
CLIP
LINEで送る

nobuko

素敵な景色や刺激的な体験を求めて、年に4~5回は海外旅行をしています。 今まで訪れたのは13ヵ国20都市。 どの国(都市)もそれぞれに魅力的だけど、特に好きなのが、アメリカ♡ いつかNY~LAをロードトリップしたい!

>他のCOLLECTIONを見る