AM 10:00
 Pastry Cyril Lignac - Chaillot

2018年最初の朝食に選んだのは - シリルリニャック La Pâtisserie Cyril Lignac -

シェフ、ショコラティエ、そしてパティシエとしても名高い彼のパティスリーへ。
元旦にOPENしているか不安だったけれど、
Websiteを確認すると、元旦のOPEN時間をしっかり記載してくれていました。

クロワッサンとマカロン、そしてレモンタルトとチョコケーキを購入。
どれも本当に美味しくて、やっぱりパリのパティスリーはレベルが高いなと実感。
マカロンはジャンポールエヴァンとラデュレが好きだけど、こちらのもかなり高得点でした*

details..
http://lepetitjournal.jp/2018/01/17/cyrillignac/

 Pastry Cyril Lignac - Chaillot
CLIP
AM 11:30
 The Centre Pompidou

元旦からあいている美術館はそう多くないので、事前にチェックするのがおすすめ。

私達は - ポンピドゥーセンター Pompidou Centre - へ。
事前にチケットを買っていなかったので大雨の中20分ほど並びました。

理解できるようなできないような現代アートに触れたり
パリの街を見渡す絶景のテラスに出たり。
とても広いポンピドゥー。
気づけば3時間以上も経っていました。

 The Centre Pompidou
CLIP
PM 15:30
 Loup

遅めのランチタイム。
当初の目的のお店はお休みだったので、通り道にあったブルーの外観が可愛い - LOUP - というビストロへ。

英語メニューはないものの、スタッフの方が丁寧に説明してくれました。
フランスのレストランではシェアはマナー違反と言われているけれど
このカジュアルなビストロではスタッフの方から
シェアする?と聞いてくれてとりわけ用のお皿も持ってきてくれて安心。

たっぷりチーズのシーザーサラダも、焼き立てのロティサリーチキンも本当に美味しくてびっくり。
当初の目的のレストランが閉まっていた事によるラッキーな出会いでした*

details..
http://lepetitjournal.jp/2018/01/19/loup-paris/

 Loup
CLIP
PM 17:30
 Opéra

朝の大雨でびしょびしょになり、体力を奪われていた私達。
ランチも遅い時間に取ったので、少しお昼寝をしてから夕飯にでかけようと一度ホテルへ。

アラームをかけずにベッドにもぐりこみ、目を覚ました時には23時頃。
たまにはこんな日もあって良いかと、この日はこのままホテルでのんびりすることにしました。

 Opéra
CLIP
LINEで送る

kaori

OL / Travel Guide Blogger 幼い頃を過ごしたメキシコで世界の広さを感じて以来、頭の中はいつも旅のこと。連休を上手に使い毎月のように海外へ。 “大切な人に見せてあげたい”と思う景色に出会うことが好き。 数えきれないほど訪れ結婚式を挙げた特別な街 -Paris- をメインに世界中の情報を発信。 Google Map付きでおすすめSPOTを紹介しているブログもご覧下さい*

>他のCOLLECTIONを見る