AM 11:00
 Caesars Palace

旅の後半はシーザーズパレスへ。
ショッピングモールやプール、スパに劇場、カジノはもちろん、全米ナンバー1のブッフェレストランから ラスベガス最大のクラブまで、とにかく全てが揃っている統合型リゾート。
宿泊していても全てを網羅するには1日では廻りきれないほど大きなリゾートホテルです。

お部屋も広くバスタブもあり、しかもジャグジー付き(最高) 。
宿泊していれば、ホテル内なら全て部屋付けで支払いができるので、煩わしさもゼロ。(ショッピングモールは別ね)

映画ハングオーバーの舞台にもなったホテルなので、宿泊するなら事前に映画を観てみて!ホテルに着いたら、「ここ、観たー!」とテンションが上がること間違いなし。
個人的にはプールがとても素敵だったので、改めて暖かい季節に訪れたいです。

▷<Caesars Palace>

PM 12:00
 The Forum Shops at Caesars

チェックインを済ませたら、まずはシーザーズパレスホテルに併設されているショッピングモールThe Forum Shopsへ!
ホテル内からも行けますが、せっかくならと入口付近にあるトレビの泉のような写真スポットで撮影してからモールへ。
ハイブランドからカジュアルブランド、そして日本未上陸のブランドまで、これまた一日では見切れない店舗数!この店舗のバリエーションがあれば服は現地調達がオススメ。身軽なLas Vegasが叶います。

とりあえず私は写真の日本未上陸のシューズブランドにパリブランドのSandoroとドレスショップをチェック。
アメリカは日本よりドレスアップが日常なので、手頃な価格で見つけることができます。モールは23時まで営業しているので、夕飯後に来るのも時間を有効に使えて◎

 The Forum Shops at Caesars
CLIP
PM 13:00
 Bacchanal Buffet

シーザーズパレスに宿泊しなくとも、一度は訪れて欲しい場所がたくさんあるのですが、全米ナンバー1と言われているこのブッフェレストランもその1つ。

正直、アメリカのブッフェって美味しくないものが多い中、ここは全米ナンバー1と言うだけあって、全てのお料理のレベルが高かった。

ラスベガスの中でも大人気のようなので、時間配分に気をつけて!お腹が空く前に行って並ぶと、お腹が空くころにちょうど入れるかも。

1番人気はやはりお肉カウンターですが、和食と中華が大好きな私としては、和洋折衷すべてが揃っているところが100点。ラーメンもあったよ!(ちょっと味が濃かったけど許せる範囲)
ブランチくらいの時間に行って、朝昼2食分を食べれば十分すぎるほど元が取れてしまう1人$50くらいでした!

▷【Bacchanal Buffet】

PM 16:00
 Caesars Palace

旅の楽しみの一つがホテルでのマッサージ。
シーザーズパレスには大きなスパがあり、ジャグジーやサウナも堪能できます。旅の疲れが一気に取れる最高の場所でした。
営業時間内であれば、一日何度も出入りできるのも嬉しいサービス。これだけステキなスパだと、半日くらいゆっくりしたくなります。

今回は90分の全身アロママッサージも予約し、旅の疲れを取りました。マッサージ前にスパで身体を温め、マッサージ後はゆっくりサウナへ、が理想的。
フリードリンクやフルーツのサービスもあるので、本を読みながら贅沢な時間を過ごせます。

▷【Qua Baths & Spa】

PM 19:00
 Nobu

今回一番楽しみにしていたレストランが、シーザーズパレスにある「NOBU」です。
和食レストラン、しかも「NOBU」がホテルに入っている時点でわたし的にシーザーズパレス100点です 笑

お刺身やお寿司はもちろん、ロブスターやステーキもいただける和食フュージョンレストランなので、アラカルトで好きなモノをオーダーするスタイルにしました。

サーモンスキンの手巻き寿司と、トリュフ入り日本酒(熱燗)が特に美味しかったです!そしてミネラルウォーターがFIJIだったのもわたし的100点 笑

▷<Nobu Restaurant>

PM 21:00
 Caesars Palace

NOBUでの夕食後は、シーザーズパレス1FにあるLas Vegas最大のクラブに行ってきました。
日本のクラブとは違い、男性も女性もドレスコードがあり、カジュアルすぎると入店を断られることもあるので気を付けて!
たいていスニーカーはNGですし、Tシャツにデニムも断られます。男性はジャケット、女性はタイトなミニドレスが多かったです。

私はコットンのミニワンピースにサンダルで行きましたが、ラスベガスではカジュアル過ぎた気がしました。もう少し女性らしいセクシーな雰囲気がよかったな。
フロアにあるソファ席の予約は、ミニマムチャージ$5,000から!高いなぁ。とびっくりしましたが、中に入ったらもっとびっくり。ソファ席、満席でした 笑 さすがラスベガスですね。

入店時も、中でお酒を買う時も身分証明書が必要なのでパスポートは忘れずに。でもシーザーズパレスに宿泊していれば、バーでの支払いも部屋付けが出来るのでとてもスムーズ。

つかの間の社会科見学、面白かったな。

 Caesars Palace
CLIP
LINEで送る

大日方 久美子

アパレル販売の経験を経て 2013年よりパーソナルスタイリストとして独立。独立後に始めたインスタグラムでは、服の値段にかかわらずエレガントでスタイリッシュな着こなしを提案し現在約7万人のフォロアーを持つ。 現在はアパレルブランドのWEBページでスタイリングやモデル、コラボ商品の開発などもおこなっている。 2016年4月に初となる著書 “エレガント”から作る大人シンプルスタイル を発売。目的を決めてから旅先を選ぶスタイルで、サーフィンを目的としたサーフトリップ、アートや歴史を知るヨーロッパトリップ、ライフスタイルを見つめ直すには、アジアやNYへ。

>他のCOLLECTIONを見る