nico

2012.04.28 〜 2012.05.05

ネイバーアイランド♡マウイ&やっぱり大好き♡オアフ

めずらしく8連休がとれたのでネイバーアイランド「マウイ」まで足を延ばした2012年のハワイ。
私の旅の目的にかかせないのがホテル。
雑誌を見ていて、ここ泊まりたい!とそれだけで行き先を決めることも多々あります。

マウイのリッツカールトン、オアフのトランプと、
その時泊まってみたいお宿がハワイに2つあったので迷わず決めたゴールデンウィークの旅でした。

サーフィンに食事にお買物。そして絶対はずせないSPA遊び♡
充実した8日間でした。

LINEで送る
AM 08:00
 Chubu Centrair International Airport

2012年、ゴールデンウィーク初日の4/28。
このときは珍しく夫婦で予定が早めに確定し、しかも我が家にしては珍しく8連休。
約2年ぶりの夫婦のハワイ旅行に出発しました。
久しぶりのロングバカンスで浮かれてました。

ビーチやプールでごろ寝用のEMILIO PUCCIのビキニ、
おやつやドリンク、タオルを詰めてビーチにいくときのBeritiniのカゴバック、
楽ちん足元のためのCoachのサンダル、
機内などの防寒対策のBarefoot Dreamsのモコモコアウター。

私のいつものバカンスセットも準備OKです!

 Chubu Centrair International Airport
CLIP
PM 13:00
 Korean Air

エアーは私のコレクションではおなじみの大韓航空仁川経由の旅です。
ところが空港でまさかのオーバーブッキング。
乗継に余裕があったため次の仁川行きの便に変更OKしました。
とっても時間ができてしまったので、夫婦でお気に入りのチャイニーズレストラン「海上楼」へ。
この坦々麺が最高においしいので、セントレアを利用される方は是非食べてみてください。

この後も、仁川→ホノルルが2時間遅れ乗り継ぎできなかったり、
マウイでロストバゲージとなったりとトラブル続きで大変な移動でした。

 Korean Air
CLIP
PM 15:00
 The Ritz-Carlton, Kapalua

マウイでの滞在はリッツカールトン。
マウイらしい開放的なロビーでウェルカムドリンクをいただきチェックイン。
リッツカールトンは海に向かってコの字に建物が配置されていて、
海に向かって丘の上に立っているので、ロビーが上層フロアになっています。
つまり、眺めのいい部屋=海に近い部屋というわけで、
必然的にロビーからかなり離れたお部屋になるわけです(^^;)
私たちはロビーの1つ下、5階の海に激近なナイスビューなお部屋でした。
一気に疲れが吹き飛ぶ景色をみながらほっと一息です。

 The Ritz-Carlton, Kapalua
CLIP
PM 15:00
 The Ritz-Carlton, Kapalua

お部屋に入り少しくつろいだのち、夫婦で向かったのはこちらWaihua Spa。
移動日初日は疲れるだろうと日本から予約していきました♪
せっかくなので屋外のプライベートハレでのマッサージをお願いしていました。
マッサージの内容はロミロミです♪
80分のマッサージで体がスッキリ。
どちらかというと優しいタッチのマッサージなので
指圧などがお好きな方には物足りないかもしれませんが、
とっても優雅で贅沢なひとときが味わえます。
マッサージの後は、洞窟の中のような場所でのジャグジーやサウナでまったり。
カシウエアのブランケット遣いが素敵すぎました~。

 The Ritz-Carlton, Kapalua
CLIP
PM 18:30
 The Banyan Tree MAUI

SPAを十分堪能して体もすっきりした後は少し早いですがディナーへ。
GWあたりのハワイの日の入りは19時前あたりです。
サンセットが楽しめるよう18:30ごろ、リッツカールトンのメインダイニング
「The Banyan Tree」へ向かいました♪

メニュー数はそんなに多くはありませんが、
フレンチといいう感じではなく、アイランドスタイルの洋食でした。
丘の上からビーチを眺めるナイスビューな席に案内してもらい夕食をいただきました。

 The Banyan Tree MAUI
CLIP
LINEで送る

nico

多忙で弾丸旅行ばかり。でも旅行は癒しです…。 空港についた瞬間から旅はスタート! だから私にとって移動時間も大切な旅の思い出♪ そして短い時間でいかにまったり&充実した旅をするかが永遠のテーマです。 ここ数年はハワイ、西海岸、アジアを中心に旅に出ていますが、 来年からは欧州や中東制覇も夢見ています。 どうぞよろしくお願いいたします。

>他のCOLLECTIONを見る