AM 10:30
 JW Marriott Hotel Macau

ホテルで朝食。
JW Marriottの朝食はかなり種類も豊富ですが、何と言っても朝からフォーが食べられるのが魅力的!
好きな具材を指定して、オリジナルフォーを目の前で茹でてくれます。
朝から胃に優しい朝ごはんで、1日楽しむパワーが漲ります。
点心も嬉しい。
目の前で入れてくれる香港ミルクティもオススメ。
カップも可愛くて、思わず気分が上がります。

 JW Marriott Hotel Macau
CLIP
AM 11:00
 Macau Island

早速マカオ市内観光へ。専用車なので、移動も楽ちんで効率よく回れるのが嬉しい。
ポルトガル統治時代の面影を今でも色濃く残すマカオには、カラフルな建物がたくさん!異国情緒溢れる、とはまさにこのことを言うのか…と思うほどどこかノスタルジックで引き込まれてしまうような街並み。
ついつい写真をたくさん撮ってしまいました。

 Macau Island
CLIP
AM 11:30
 Macau Island

どこを歩いてても、ただただ楽しい。
ノスタルジックでどこか懐かしい雰囲気。

 Macau Island
CLIP
PM 12:00
 Macau Island

マカオ観光の名物スポットもぜひ見学したい!と向かったのは
セナド広場に聖ドミニコ教会。
かなり多くの観光客で賑わうセナド広場を下っていくとお土産ショップがズラっと軒を連ね、そのすぐ側に綺麗なクリームイエローの聖ドミニコ教会が。
世界遺産の多いマカオ。この美しいドミニコ教会も世界遺産の一つ。
見た目も華やかで世界遺産という事もあり、大勢の方々がドミニコ教会前で記念撮影をしていました。
もちろん中にも入ることができます。入場料は無料。

 Macau Island
CLIP
PM 12:30
 Macau Island

楽しみにしていた牛乳プリンのお店『義順牛奶公司』は聖ドミニコ教会の近くにあるので、見学の一休みに寄ってみて。
牛の看板が目印。
香港でも有名だそうですが、発祥はここマカオ。
温かいのか冷たいのか、そしてトッピングはどうしよう?なんて悩みましたが、初体験の牛乳プリンはスタンダードな温プリンをチョイス。最近は小豆トッピングが人気なのだとか。かなりたっぷりで、これだけでお腹がいっぱいになってしまうほどの量!ローカルの人たちが多く、皆牛乳プリンを食べながらまったりカフェ感覚で利用していました。

 Macau Island
CLIP
PM 13:00
 Macau Island

ランチは『南湖明月』で楽しみにしていた飲茶をいただきました。
あれもこれも、と頼んだらテーブルがいっぱいになってしまいましたが
これぞ飲茶!らしい食べ方ができて大満足。
特に大好物はぷりっぷりのエビ餃子。
お友達とシェアしながら、色々な飲茶を楽しんで。

 Macau Island
CLIP
PM 14:30
 JW Marriott Hotel Macau

一度、ホテルに戻りプールへ!
シティ感が強いマカオですが、太陽がギラッと暑いマカオはリゾート気分も味わえます。
滞在していた JW Marriottのプールは反対側に繋がるギャラクシーホテルのプールと繋がっていて、ルームキーを見せるとギャラクシー側のプールサイドでも遊ぶ事ができます。ぐるっと大きい流れるプール(ぷかぷか浮いたままだと1周するのに約30分かかるのだそう!)や、波の出るプールなど、プールライフも相当楽しめるホテルです。
私たちはのんびりJW Marriott専用のプールでのんびり日焼けを楽しみました。
ギラッと輝くホテルと椰子の木のコントラストが面白い!
プールの真ん中には飲食できるカフェバーもあり、1日のんびりプールで過ごすのも良さそう。

 JW Marriott Hotel Macau
CLIP
PM 23:00
 Mandarin Oriental, Macau

夜は楽しみにしていたMandarin Orientalにあるバー『Vida Rica Bar』。
マカオ渡航前に調べた時に、素敵な景色と少し変わったメニューが気になり
ツアーに組み込んでいただきました。
私はシグネチャーカクテルをオーダー。
分厚い洋書が運ばれて来て、???と思い開けてみると、
中にはカクテルとペアーヴォッカスプレーが。
洋梨好きな私にはかなり好みのカクテル!!
シュッシュとスプレーする度、洋梨の香りが広がるとてもフルーティなカクテルでした。
もう一つは、気になっていた中国茶器を使ったカクテルをオーダー。
店内も雰囲気たっぷり、目でも楽しめるカクテルは味も◎。
目一杯遊んだ後に、少しドレスアップしてスペシャルなカクテルを楽しみたいな〜という時は、Vida Rica Barへ。

 Mandarin Oriental, Macau
CLIP
LINEで送る

Sakie

海外のハイスクールでティーン時代を過ごしたのをきっかけに、その後もインスピレーションを求め様々な国へ。現在は 様々な国を旅し、旅系媒体・旅行会社等とコンテンツや記事の作成、またイベントや店舗の空間ディレクション、企業のSNSアカウント用写真の撮影、他にタブロイド紙でのコラム連載執筆やSNSのセミナーを開催。

>他のCOLLECTIONを見る