AM 07:30
 Banyan Tree Bangkok

日の出とともに光が差し込むお部屋では、目覚ましなしで気持ちいい朝を迎えられました!日常とは違う景色で朝を迎えるのも旅の醍醐味です*

この日の朝食はクラブラウンジにて。
クラブルーム宿泊者はクラブラウンジまたはロビー地下にあるレストラン「ロムサイ」いずれかを選べます。

クラブラウンジの方が品揃えは少なめですが、エッグべネディクトなど好きな卵料理を席まで持ってきてもらえます。

クラブラウンジの朝食は7:00からなので、日帰りショートトリップ等早朝に出発する方は、早めにオープンしているロムサイでの朝食もいいかもしれません。(二日目はロムサイで朝食を取りました)

 Banyan Tree Bangkok
CLIP
AM 09:00
 Banyan Tree Bangkok

朝食後少し休んだ後は、お楽しみのスパタイム♡
まずは21階の受付に向かいます。

少し甘みのあるウェルカムドリンクをいただきながら、カウンセリングを行い施術内容を相談。

受付フロアには屋外プールやジム施設があり、プールサイドでは10分間のコンプリメンタリーマッサージ、ジムでは時間ごとに設けられた無料プログラム(ヨガやムエタイなど)が受けられるのです!
プールサイドでもマッサージを受けられるなんて…最高ですよね♡
カップルなどで宿泊の際、女性がスパトリートメント中に男性はプールやジムでのアクティビティ体験、と言う過ごし方もできるかも?

 Banyan Tree Bangkok
CLIP
AM 09:30
 Banyan Tree Bangkok

さて!いよいよトリートメントルームへ。

受付を済ませ階段を降りると、そこには都会の喧騒から逃れた空間が。
クリスタルの竹を通り越し、中央エリアの椅子でスリッパに履き替えお部屋へと案内されます。

私が受けたトリートメントはフルボディーマッサージのBalinese(バリニーズ)

フラワーフットバスから始まり、その間好みのアロマオイルを選びます。
プロフェッショナルの手によるオイルマッサージは、指でしっかりとつぼをおさえていて、強弱をつけながら疲れやこりをみるみる流してくれます。
こんなに気持ちのいいマッサージがあったなんて…

これまでスパやマッサージが大好きで、旅先含めいろいろと体験しましたが、多少の痛みが伴うこともしばしば。
絶妙な力加減でしっかりほぐされるトリートメント体験は病みつきになりそうです!

それもそのはず。バンヤンツリースパのセラピストはすべてタイ プーケットおよびインドネシア・ビンタンにあるバンヤンツリー・スパ・アカデミーが認可した厳重なカリキュラムに基づいて 350 時間以上のトレーニングを受けた人々なんだそうです。
施術はもちろんのこと、英語についても学ぶそう。

数々の受賞歴にはこういった背景があったんですね。

ホテルに宿泊していなくても、このスパのために訪れる価値があります!!
(自信を持ってお勧めします!!)


詳しいスパ体験はblogでも紹介しています*
MT BLOG...The Travel and Lifestyle
「BANYAN TREE SPA BANGKOK – 都会の喧騒を逃れて楽しむ極上スパ体験」
http://thetravelandlifestyle.com/banyantreespabangkok/


---Travel Tips---
スパは事前予約をお勧めします。

<問い合わせ先>
+ 66 2 679 1200
spa-bangkok@banyantree.com
http://www.banyantree.com/ja/ap-thailand-bangkok/banyan-tree-spa/overview

 Banyan Tree Bangkok
CLIP
AM 11:30
 Chatuchak Market

ホテルでリフレッシュした後は、いよいよバンコクの街へ!
3度目のバンコクは、着いてすぐに観光はせずかなりゆったり旅です。

この日は土曜日だったので、週末限定のJatujak Weekend Market(チャトチャックマーケット)へ足を運んでみました!

旅MUSE記事を参考にカゴバックのお店を目指しつつ、途中のインテリアや雑貨エリアに目がハートになってしまいました!

かごバックは好きな形に好みのパーツをその場で取り付けてもらいます。
混雑時は一時間後に引き渡しのこともあるそうなので、マーケットに行ったら最初に目指すのをお勧めします。
フリンジやタッセルをつけて700TB(約2,500円)程度でした!

ちなみに、写真5枚目の巨大パエリアは、かごバックの売り場の面する広場付近にあるスペイン料理屋さん。
とても賑わっていたものの、列が長そうだったので断念してお昼ご飯は別の場所に移動しました。

---Travel Tips---
<Jatujak weekend market>
Kampaengphet 3 Rd., Ladyao , Chatuchak district , Bangkok 10900
最寄駅
MRTガムペーンペット駅(2番出口)
MRTチャトゥチャック公園駅(1番出口)
BTSモーチット駅(1番出口)

かごバック:セクション7 (広場付近)


<移動方法>
バンコク市内のタクシー料金が日本と比べて安価。
渋滞しない時間帯は、基本的にタクシーアプリGrab(グラブ)を利用。
*東南アジアではUberよりもGrabの方がお得なことが多い印象があります。

 Chatuchak Market
CLIP
PM 14:00
 ROAST (theCOMMONS)

チャトチャックマーケットからの移動時、渋滞の影響もあり遅めのランチとなりました。
この日行ったのは、バンコクで1番美味しいコーヒーが味わえると言う「ROAST」。トンローエリアに位置します。

土曜の14時頃でも、賑わっている大人気カフェレストラン。
地元の人にも人気の週末ブランチスポットだそう!
時間帯によっては相当並ぶそうなので、ブランチ利用の場合は早めにくることをお勧めします。


---Travel Tips---
ROAST (theCOMMONS)
335 Thonglor Soi 17, Sukhumvit 55 Klongton Nua, Wattana, Bangkok 10110
BTSトンロー駅
http://www.roastbkk.com/

 ROAST (theCOMMONS)
CLIP
PM 15:30
 theCOMMONS

「ROAST」の入っている theCOMMONS(コモンズ)は、2016年2月にオープンした地域密着型コミュニティモール。
緑あふれる自然な作りで、バンコクの最新トレンドが詰まっています!
屋外のオープンエアーのエリアには、おしゃべりを楽しむ人々が。

フードコートエリアには「ROAST」が経営するコーヒー専門店「ROOTS COFFEE」も入っています。

---Travel Tips---
theCOMMONS
35 (Thonglor 17), 55 Sukhumvit Rd, Klongtan Nue, Watthana, Bangkok 10110
BTSトンロー駅
thecommonsbkk.com

 theCOMMONS
CLIP
PM 17:00
 Asiatique Ferris Wheel

トンローエリアから電車+ボート移動でバンコクの新しいナイトスポットと言われている「アジアティーク ザ リバーフロント」を目指します。
せっかくなのでチャオプラヤー川を渡ってみようと思い、BTSサパーンタクシン駅から30TB/人のボートで向かうことにしました。

ちょうどサンセットの時間帯で、染まっていく空を川越しに見ることができました!

アジアティークは観光客向けのナイトマーケットや飲食店が集まっていて、曜日の関係でチャトチャックマーケットなどに行けない方でもここでいろんな雑貨やバンコク土産を探すこともできます。
(価格帯はチャトチャックよりほんの少し割高)

 Asiatique Ferris Wheel
CLIP
PM 19:00
 Ko Dang Talay

チャオプラヤー川沿いで、サンセットの景色を見ながら食事ができる「Ko Dang Talay(コーダンタレー)」でディナータイム。
新鮮なシーフードが食べられるアジアティーク内の中でも人気があるお店です。

特に予約はしていませんでしたが、オープンエアーのテーブル席にすぐに案内してもらえました!
(30度以上で湿気もすごいので室内のテーブルの方が快適ですが、景色に勝るものはないはず!オープンエアのテーブルでお食事がお勧めです。)

夜でも暑いバンコク。冷えたChangビールをいただきます!
お料理は魚介類中心に、空芯菜の炒め物なども合わせてオーダー。
メニューには写真があるので、英語やタイ語が分からない方でも安心です。


---Travel Tips---
Ko Dang Talay Asiatique Warehouse7
Asiatique The River Front, Warehouse 7, Charoenkrung Road, Bangkorleam, Bangkok 10120

 Ko Dang Talay
CLIP
PM 20:30
 Raan Kaithong Pratunam

夜ご飯第二弾!?
旅先では食べたいのもはとことん巡りたいタイプです。

日程的にどうしてもこの日に食べておきたかったカオマンガイ。

東京渋谷にも進出したピンクのカオマンガイで有名な「Raan Kaithong Pratunam(ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム)」に美味しいカオマンガイを求めにやってきました。
お値段なんと40TB(約140円)!!

しっとりしたチキンと、出汁が染み込んだお米が大好きで、ついつい食べたくなるカオマンガイ。
タイに来たら食べたいグルメの一つです。

本当は元現地在住の方にお勧めされたホイクワン市場近くの「シーダー」に行ってみたかったのですが、それはまた次回。

暑い中1日中移動して疲れてしまったので、この後は快適なホテルに戻ってのんびり。
広いバスタブで泡風呂タイムは1日の疲れをとってくれました*


---Travel Tips---
Raan Kaithong Pratunam
960 Phetchaburi Rd, Khwaeng Makkasan, Khet Ratchathewi, Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ
BTSチットロム(Chit Lom)駅
徒歩15分のためタクシーまたは駅からトゥクトゥクなどの利用がお勧め

 Raan Kaithong Pratunam
CLIP
LINEで送る

Michelle

IT企業国際営業を経て、食空間コーディネーター兼モダンカリグラファーとして上海と東京を拠点に活動中。 海外旅行で味わう非日常が好き。 訪れた国は約40ヶ国150都市以上。 Instagramハッシュタグ#MichelleWorldTravel 更新中✈︎ 最近は海外現地でのレストラン巡りとテーブルウェア探しがマイブーム。

>他のCOLLECTIONを見る